comment 0

さよなら「友達にはなりたくないの」

簡単なレビューは、コンサートで聴いたときに書きました(こちらの記事)が、「なぜか爽快感のある失恋ソング」という印象は変っていません。
失恋の切ない歌詞であることは違いないのです。ただ、切ないといえども歌詞が次を見てる感じだったり、サビのメロディが覚えやすかったり、しっかりとしたビート感があって単なるバラードというわけではない・・・といったあたりが、その爽快感につながっているのだと思います。あと、ごっちんの歌声が基本的に前向きなのかもしれない?

カップリングの「ALL MY LOVE ~22世紀~」は、つんくの作る典型的なカップリング曲。モーニング娘。でも、このタイプのカップリングをよく聴くぞ!って感じ。その種類の中では良い方。ムード感あるアレンジとか嫌いじゃないです。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す