comment 0

Berryz工房握手会終わる

みんな可愛かったです。ホント。それと、凄く頑張ってるなぁと思いました。なんか、健気です。

結局、今日のイベントには3000人ほどが集まったようです。それを1回のイベントでこなすもんだから、かなりぎゅうぎゅう詰め。しかも、会場には段がないので、整理券番号2833番だった私は、まったく見えない。立ち位置と微妙な隙間のおかげでキャプテン・シミちゃんの顔がちらちらと見えるくらいでした。
この会場でのイベントは、もう遠慮したいなぁ。都心にあって便利なのは結構なことだけど、狭いし、地面も硬い(芝生とかで柔らかいと疲れは減る)ので、観客のことが全然、考えられてないと思わざるを得ません。
イベントは約30分。「恋の呪縛」1コーラス、MC、「ハピネス~幸福歓迎~」1コーラス。ここで、体調不良で菅谷梨沙子ちゃんが退場・・・。もう一度「恋の呪縛」1コーラスでイベント終了という流れでした。梨沙子ちゃんの体調はちょっと不安です。
続く握手会も梨沙子ちゃんは欠席。会場からはブーイングも少しありましたが、仕方ないです。もちろん、声援の拍手もあり。
握手会は3000人もいるということで、メンバーの体力を考えて休憩を挟みながら進みました。小・中学生ユニットなだけに、こうした体力面や、たまにいるマナーの悪いファンの行為に対する精神的な疲れを考えると、新曲が出る度の握手会イベントツアー(今回は全国5カ所)は、かわいそうだなぁと思ってしまいます。そんな中で、メンバーはしっかり笑顔で、「ありがとうございました」と握手する度に声を出している様から、冒頭の健気だなぁという感想になったのです。

ステージに立っているメンバーは当然疲れた事だろうと思いますが、見ている私も結構、疲れました。動いてない(ていうか、動くほどのスペースはない)んだけど、ずっと立ってるのはキツいです。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す