comments 2

愛の第6感

シングル曲3曲、ミュージカル曲2曲、新曲7曲(但し1曲はシングル曲の別バージョン)で、全12曲が収録されたモーニング娘。の6thアルバム。
全体的に自分にとって満足感が高いアルバムです。ハロモニ。でガキさんが「飽きない1枚」と表現していましたが、テキトーなコメントかと思いきや、それは正解でした。オススメ。
全曲レビューです。

1.涙が止まらない放課後
最新の24thシングル。まったり&やさしい気分になります。

2.すき焼き
ふざけたタイトルだなぁと思っていたら、曲調がすっかり沖縄風。そうか!勢い系かと分かったら、タイトルも納得。とにかく楽しんで聴きましょう。「ニクヤ(肉や) ネギヤ(葱や) イトコンニャクトカ(糸こんにゃくとか)」です。ちなみに三線とお囃子はホームチームの与座嘉秋。Berryz工房の「ピリリと行こう!」と同じ。「ピリリ~」より沖縄テイストをさらに増しています。

3.春の歌
1~4期の4人がボーカルの、しっとり系お姉さんソング。

4.女子かしまし物語
辻・加護のファイナルとなった23rdシングル。その2人も入ったバージョンです。

5.直感~時として恋は~
一世風靡セピアを思わせる和太鼓とお囃子の入った、何だか楽しい1曲。ライブで盛り上がりそうです。何となく4thアルバムの「いきまっしょい!」を思わせないでもないけど、それよりもっと面白い感じ。

6.独占欲
「Do it! Now」をもっとアップテンポにした感じ。メロン記念日の「愛メラメラ恋ユラユラ」にも近い。今までハロプロで取り組んできたラップとしては、最高と思わせる出来ではないだろうか?もちろん、オールラップではなくて、部分的に取り入れているだけなんだけど、聞き逃せないところです。

7.レモン色とミルクティ
ゴロッキーズ8人がボーカル。お姉さんチームの「春の歌」とは好対照となる可愛い1曲。聞き比べると、モーニング娘。は(一時期より少なくなったとはいえ)メンバーが12人いて、しかも年齢層に幅があるってことは、楽曲にも幅が出来るわけで、楽しいことなんだなぁと実感できます。

8.浪漫~MY DEAR BOY~
ミュージカル「HELP!熱っちぃ地球を冷ますんだ!」のテーマソングとなった22ndシングル。これぞ、モーニング娘。流ロック。いつ聴いても、結構カッコいい。

9.声
きっとシングルにはならないんだけど、何だかイイ感じっていうアルバムならではの1曲。日曜日の朝とかに聴きたい。ちょっとアンニュイなんだけど、何となくイイ気分になれそうなのだ。

10.HELP!
ミュージカル「HELP!熱っちぃ地球を冷ますんだ!」の挿入歌としておなじみ。エコモニ。がラップバージョンをやりましたが、こちらはノーマルバージョン。ミュージカルが思い出されます。

11.SHIP TO THE FUTURE
こちらもミュージカル挿入歌。クライマックスシーンで歌った曲ですね。これもまた、ミュージカルを思い出します。

12.女子かしまし物語2
同名シングルの2ndバージョン。曲のアレンジは同じだけど、歌詞が違う。別にメンバーのことを歌っているんじゃなくて、フツーのことが歌詞になっています。ちなみに、曲中の名前呼びはつんく♂がやってます。「ちょっとあやや入れてよあやや」「スラッシュ!」

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

2 Comments

コメントを残す