comment 0

美勇伝ファーストコンサートツアー2005春~美勇伝説~

美勇伝初めてのソロコンサートが終わりました。ゲストは、稲葉貴子とカントリー娘。でした。

オープニングは、デビュー曲の「恋のヌケガラ」。さらに新曲「紫陽花アイ愛物語」と、序盤からまだまだ少ない持ち歌を連発。
それで大丈夫なのか?と思うわけですが、プッチモニの「BABY 恋にKNOCK OUT」を皮切りに豊富なハロプロナンバーをスタート。ま、予想通りの展開ですがね。ただ、その選曲とメンバーの組み合わせで魅せてくれます。

まずはセクシーに「シャンパンの恋」。この曲に限らずですが・・・特に女猫を思わせるような「曖昧ミーMIND」などの振り付けは、セクシーに極まっています。会場から、「おぉっ」という驚きの声が上がることしきり。
続いて、美勇伝から1人とゲストメンバーの組み合わせで3曲。ミーヨは「浮気なハニーパイ」。ゆいやんは「ミニ。ストロベリ~パイ」(!)。梨華ちゃんは「さくら満開」。「ミニ。ストロベリ~パイ」はまさかの選曲でしたね。そこでミニモニ。が来るとは・・・。

中盤には美勇伝ソロコーナーも。ここでも魅せてくれたのは、ゆいやんで「愛のバカやろう」。さらに、ミーヨで「会えない長い日曜日」。とどめは梨華ちゃんで「100回のKISS」。なかなか、メンバーの個性を捉えた選曲ではないでしょうか。ミーヨとミキティ、基本的に太めの声質が似ているので、ベストチョイスかも。

そんな感じで、最後の1曲として取っておいたのは「カッチョイイゼ!JAPAN」。2カ月ぶりくらいに、例の「カッチョイイゼ・・・」の右重心な振りをやりましたが、それは盛り上がります!
季節的に、もう初夏ですし、梅雨も近いですから。でも、これだけ汗をかいたコンサートは久々。美勇伝、なかなか熱いかもしれない。それと、終演後の会場で最高コールを久々に体験しました。これも熱さゆえかなと思います。

さて、ちょっと冷静になって振り返ると、なかなか熱い感じのコンサートでしたが、それが美勇伝カラーになっていくのでしょうか?持ち歌以外の選曲では、メロン記念日と松浦亜弥の曲が多かったのかなと思います。カントリー娘。の曲も多かったですが、それは、ゲストだから当然と言えば当然。
メロン記念日と松浦亜弥・・・。ある意味で美勇伝コンサートのカラーを決める選曲なわけですが、この共通点は何だろう?見た感じでは、プッチモニの曲がわりとイメージに合っていたような気がしたり・・・。
やはり、本当の美勇伝カラーは、アルバムが出て、秋あたりにあるであろう2回目のツアーで分かってくるのだと思います。まずは、アルバムに期待かなと。

それと、客層的にはまだまだ梨華ちゃんファンが圧倒的かも。こちらは、ミーヨ、ゆいやんの今後に期待としか言いようがないのですが、3人の力が(2人が梨華ちゃんに負けないくらいに)均等になり、3人のファンのバランスが取れてくると、さらに良いコンサートになりそうな期待があります。

あと、三好さんの呼び名ですが、「ミーヨ」と「エリカ」が半々くらいでバラついている様子。これも統一されていくのでしょうが、どっちが良いかな?自分は、今日は「ミーヨ」中心で行きましたが、どうかなぁ。

そうそう、カントリー娘。ですが、みうなが良かったなぁなんて思いました。なんか、里田まいとは違う種類の、柔らかい色香を漂わせていたような気がします。髪形が大人っぽい感じだったからかもしれませんが、ちょっと綺麗なお姉さんみたいな。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す