Hello! Project 2005 夏の歌謡ショー~’05 セレクション!コレクション!~ 1日目昼

夏のハロプロコンの東京公演、1日目の昼に参戦しました。今回のツアーには、今日の昼と、明日の夜の2回参戦です。

会場に着いたのは開演30分前の13時30分。グッズ列は相変わらずの混雑。それでも14時にはグッズとサイリウムが購入出来たので・・・ってもう開演時間になってしまったわけですが、会場の国立代々木競技場第一体育館に入ってみると、まだ開演前のザワザワ感のまま。結局、開演したのは14時20分頃ではなかったかと思います。そんなわけで、全然余裕で最初から見ることが出来ました。

正月のハロコン大乱舞のステージは、客席を一周出来る花道があり、さらにセカンドステージがありましたが、今回は、横浜アリーナよりは狭い代々木なので、一周は出来ない「コの字」型で、その両先端にはサブステージがあるという構造。その花道を目一杯使ってのオープニングは、全員で「Hello!のテーマ」。Berryz工房の1stアルバムに入っていたアレンジ。メンバーは夏満開の原色な衣装にハデハデなサングラスで「どうだ!」とばかりの登場。

最初のMCでは、まことから紹介された矢口さん(なんとなく呼び方に困るな・・・>今一つ、わだかまりがある自分・・・)が、少しだけ挨拶。2回目のMCで裕ちゃんが「いつのまにかモーニング娘。をやめた」とツッコミ。この2回のMCでとりあえず、わだかまり解消(ということにしよう>自分)。

引き続いては、Berryz工房の新曲「21時までのシンデレラ」。やはり、夏休みを意識した感じの楽曲。ちょっと夏休みに冒険してみようみたいな感じでしょうか。さらに、美勇伝の「ひとりじめ」。こちらも新曲ですが、オトナですね。Berryz工房とは好対照。梨華ちゃんの髪形がアグレッシブでした。オトナなこの曲を意識したものと思います。ただ、衣装はどうなんだろう・・・。言うほどセクシーじゃないような。ダンスはかなり腰の動きが強調されていてセクシーな感じでした。でも、「曖昧ミーMIND」という当社比1.5倍くらい?セクシーなダンスを見せる曲があるしなぁ。

このあたりから、既にセットリスト情報を仕入れている自分は、そわそわ・・・そわそわ・・・とし始めたのですが、その理由は、とにかく、ごっちん待ち。美勇伝が終われば、ごっちん待ち。
出だしのコンコンのハニーボイスや、あいぼんの精一杯のセクシーダンスがある意味面白かった(失礼・・・)ROMANSの「SEXY NIGHT~忘れられない彼~」とかもあったけど、果たして7曲後に「スッピンと涙」が。そして、自分的にはボルテージ最高潮の「抱いてよ PLEASE GO ON」。かれこれ9カ月ぶり?くらいのPLEASE GO ON。いや、やっぱ、ごっちんは良いなぁ~。
その、ごっちんボルテージを引き継いでは、まことがドラムを叩いた「カッチョイイゼ!JAPAN」。これも、また盛り上がりました。トリコロールに書いてましたけど、ドラマーまことは流石なんですがね。顔ニヤけすぎです。楽しいんだろうけどさ。でも、このニクめなさがハロプロコンのMCを長年続ける秘訣なのかも・・・とか思った。ある意味、出演する唯一のオトコなわけで。それが、ファンに普通に受け入れられているというのはスゴいことだと思った。

その後で目を引いたのは、中澤・飯田・安倍・保田・後藤・石川・加護・辻の・・・なんだよ、モーニング娘。じゃないか!と。数年前のモーニング娘。はこのメンバーだったなと思わせるには十分すぎるメンバー(ここに矢口・吉澤で完成だし)での「LOVEマシーン」。ここからOGメンバーのMCを挟んで、現モーニング娘。での「真夏の光線」、「ハッピーサマーウエディング」と続くあたりは、この公演の懐古主義なクライマックスかと思われます。

ここまでくれば、もうコンサートは終盤。モーニング娘。の「色っぽい じれったい」、「大阪 恋の歌」と最近の曲をメドレー。しっとりめなこの2曲に続いて、「Magic of Love」でファンの一体感を醸し出し、「やる気! IT’S EASY」、「Go Girl ~恋のヴィクトリー~」でスパーク。
最後のMCを挟んで、エンディングは全員で「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL」。そして、例のコの字ステージを回って、ファンにご挨拶をしますが、小春ちゃんはずっとよっすぃにくっついてましたね。よっすぃも小春ちゃんを紹介するような感じで一緒に手を振ってました。ちょっと、印象的な心温まるシーンでした。

さて、長々と書いてきましたが、やはりハロプロコンはお祭り。まだまだ書き切れていないシーンがいっぱいあります(その一部は明日のレポートで)。今年の正月から始めた、持ち歌にこだわらないセットリストや、広い会場を積極的に使っていく攻めのステージ構成は、つんく♂の「新しい方向性が見えた」というコメントにもあるように、一定の成功を収めているのかなと思います。楽しかったし。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします