comment 0

美勇伝ファーストコンサートツアー2005春~美勇伝説~

これだけ美勇伝推しをやっておいて、なぜか触れていなかった、このファーストコンサートツアーのDVD。発売日ではなく、それから約1週間後の25日に買ったからですが、まぁ、給料日待ちしていたというのは公然の秘密ということで。

5月29日の東京厚生年金会館の夜公演を全曲収録しているのですが、全体で91分。ちょっと短い。その分、気軽に何度でも見られるんですけどね。特典映像は、3人のソロコーナーのクローズアップバージョンとなっています。

では、コンサート参戦時のことを思い出しつつ、いくつかレビューしてみたいと思います。

1.「オープニング」~2.「恋のヌケガラ」~3.「紫陽花アイ愛物語」
青くボヤっと光る美勇伝ロゴ、荘厳なパイプオルガンのオープニング曲という、他のハロプロコンサートならあり得ないオープニングから、いきなりデビューシングル、(当時最新の)3rdシングルを一気に披露。そもそも、シングル3枚、アルバムなし=持ち歌6曲でソロコンサートをやってしまった美勇伝ですが、大切な持ち歌2曲を冒頭で使い果たし、その後のセットリストが少し不安になったりして・・・。

4.「BABY! 恋にKNOCK OUT!」
当然、持ち歌の少なさはハロプロの他グループの曲でカバー。その選曲で、美勇伝のカラーが見えてくるのですが、その出だしはプッチモニのこの曲でした。絵梨香ちゃんの低音が広い声質が、この曲や15.あたりで利いています。

6.「曖昧ミーMIND」~7.「銀杏~秋の空と私の心~」
そのセクシー過ぎるダンスで魅了してくれた6.は、DVDでじっくり見直すとやはり凄い。ダンスパフォーマンスという点では、印象強い1曲。7.はデビューシングルのカップリング曲。タイトルにも含まれる秋の季節感をしっかり感じることが出来ます。

8.<MC2>
稲葉さんがトークを回して、ゆいやんと絵梨香ちゃんをもっと知ろう!というMC。その日の昼公演に絵梨香ちゃんの両親が来ていたらしく、お父さんの顔が絵梨香ちゃんそっくりだという話が。

10.「浮気なハニーパイ」~11.「ミニ。ストロベリ~パイ」
パイつながりの2曲。最大の見どころは、この曲間でのゆいやんの「ハニーパイを聴いたらパイが食べたくなった・・・あれっ?めっちゃ良い匂いがする・・・」というつなぎ。全体的に大人っぽい演出がされている中、ここだけ、ゆいやんの実年齢を感じられます。

14.「愛のバカやろう」(岡田唯ソロ)~15.「会えない長い日曜日」(三好絵梨香ソロ)~16.「100回のKISS」(石川梨華ソロ)
14.が始まった時に会場が「おぉっ!」とざわめいたのを覚えていますが、ゆいやんが堂々と歌い上げています。15.は4.と同じく絵梨香ちゃんの声質を活かす選曲。16.は聴き慣れ過ぎた曲だけに梨華ちゃんの歌声が聴こえた瞬間「声高いな~」と思ったりした。

17.「先輩~LOVE AGAIN~」~18.「三角関係」
16.続きで梨華ちゃんが前奏を取りつつサイドから絵梨香ちゃんとゆいやんが登場。17.を1コーラス歌って、カントリー娘。の3人に引き継ぎます。18.はそこに稲葉さんが入って、唯一、美勇伝抜きで1曲。
18.の大人っぽさは圧巻。非常に美しい大人のオンナ感を漂わせています。特に、みうなの綺麗さに少し惚れる。

19.「The 美学」~20.「ガールズパワー・愛するパワー」~21.「友情~心のブスにはならねえ~」
18.から一転、エンディングに向けて会場が一気にヒートアップした3曲。

23.「美~Hit Parade~」~24.「カッチョイイゼ!JAPAN」
再び美勇伝3人だけに戻って、アンコール前のクライマックス。23.は、こんなに面白い振りだったっけ?とかDVDを見て思いました。24.は美勇伝で最も盛り上がる1曲。これで持ち歌を使い果たす。

26.「BE ALL RIGHT!」
アンコールは、ゲストを含めた全員でこの1曲で締め。

ということで全20曲。持ち歌6曲、その他14曲という構成。来るべき秋ツアー前に1stアルバムが発売されるため、このような構成の美勇伝コンサートは、このツアーが最初で最後になると思われます。それだけに、美勇伝推しなら持っておくべき1枚でしょう。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す