Berryz工房コンサートツアー2005秋「スイッチオン!」

初めて参戦したBerryz工房のコンサートですが、全然勉強せずに来た割には、なかなか楽しめたかなと思います。ノリの良い曲が多いし、そもそも曲はほとんど全部知っているので。知らないのは振りだけだから。

ただ、昨日コメントを戴いていたとおり、振り重視の人が多いのは驚いた。こう、ハロプロ系のコンサートに出てれば、大体乗って行ける常識が通用しないんだなと。
ただ、アンコール前ラスト「友情 純情 oh 青春」とか、ノリが簡単&超熱い曲もしっかりあるし、そういうところは、きちんと乗っかって行けました。

ところで!最初のMCです。
リーダーの清水佐紀ちゃんが「このツアーを最後に…」なんて物騒なことを言い始め、会場が一気にガヤガヤし始めると、なんとそれは石村舞波ちゃんの卒業発表。Berryz工房だけでなく、ハロプロからも卒業し、「普通の中学生になる」という発表だったのです。

自分は、これまで60回を超えるイベント参戦経験がありますが、こういう発表に直面したのは初めて。驚きました。
アンコールでは舞波コールが起きましたが、全体的に突然のことで、実感が沸かなかったというのが正直なところではないでしょうか。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします