美勇伝コンサートツアー2005秋「美勇伝説II~クレナイの季節~」

美勇伝のライブが終わりました。
今日は、ステージに向かって左端ながら、前から2列目あたりに陣取りました。
左端というのは、もちろん、あの人の立ち位置によるものです。
かなり、近かったです。
こちら側にメンバーが来ると、本気に煽られる感じ。

さて、今日も美勇伝は、セクシーなステージを見せてくれました。
ダンスにしろ、衣装にしろ、美勇伝はセクシーになっていきます。
ほとんど水着に等しいと思われる、前ツアーでの黄色のヒョウ柄の衣装は、今回も、色違いで健在。
こんな近くで、こんな衣装で、こんなダンスをされては、自然に目が奪われるしかありませんよ、ホントに。

セットリストは、当然、アルバム中心。
例の「パジャマな時間」では、天井付近に現れた月を見つめながら歌う、ゆいやん。
オペラ調で歌い始めるまで、ずっと待っているのですが、それが近付くと、さぁいくで…てな表情になっていました。
聞かせどころなのです。
また、この曲では、冒頭の1コーラスを絵梨香ちゃんが歌うのです。
その時の、絵梨香ちゃんの、乙女な仕草も見逃せません。
そして、最後は3人で1つの毛布にくるまるのです。
参った、参った…。

見せ所はたっぷりです。

梨華ちゃんの衣装替え中の、絵梨香ちゃんとゆいやんのMCでは、梨華ちゃんの寝る前の行動をセクシーに妄想。
完全に漫才になっていて、ゆいやんのお笑いセンスが炸裂。
ただね、君たち、エロいよ…。
やりすぎだから…。

ゆいやんのお笑いセンスは、まだ他でも発揮されました。
これも衣装替え時で、3人をモチーフにした人形劇の映像(声も、人形を動かしているのも、もちろん本人)。
ま、簡単に言うと、今日の出来がイマイチな絵梨香ちゃんに、ゆいやんが駄目出しをします。(もちろん人形の2人)
梨華ちゃんが「そんなことなかったよ」と慰めようとすると「石川は黙っとき!」みたいな。
このライブのDVDが出たら、この人形劇を見るだけのためにでも買った方が良い。

と、MCがやたら面白かったのです。
もちろん、歌の方も良かった。

いくつかのアルバム曲は、今後の定番になっていきそうな、盛り上がりを見せました。
「Tea Break」や、「唇から愛をちょうだい」、あと「クラクラ ディナータイム」の手拍子は、そんな予感がします。

心残りは、絵梨香ちゃんの誕生日に関するネタが、まったくなかったこと。
明日のファイナルなら、何かあるのだろうか…。
それとも、21歳にもなると、さしてイベントでもないのだろうか…。(そんなこともないだろう。)

ところで、オープニングアクトで℃-uteが登場し、3曲を披露しました。
萩原舞ちゃんは、ドラマの収録でお休み。(ウォーッ!みたいな。)
村上愛ちゃんとか、梅田えりかちゃんといった、主だった人は分かったけど、全員の顔と名前が一致しませんでした。
困ったな…。
こちら側に寄って来ていた、わりて可愛い娘は、最近、顔が出来てきたと評判の中島早貴ちゃん?

コメントを残す