comment 0

今、思ったこと

昨日のB.B.L.は聞けました。
よかった、よかった。
これで、3週連続聞き逃していたら、目も当てられませんでしたから。

金曜日には写真集も買って、今も美勇伝DVDパンフレットを見ていたりして…。
また、自分的に美勇伝ブームが来ています。
ちょっと前の状態に戻っただけなんですが。

dm。では、ゴロッキーズを盛り立てようともしていますが、やっぱり美勇伝だよなぁ~というか。
ファンとして、ダメでしょうか…。
ハロプロは総体として好き。
ゴロッキーズは眺めていて、ほのぼのする。(当然、見る機会が多いし。)
美勇伝にはアツくなれる。
…という感じなのです。

自分の部屋では、美勇伝カレンダーと、れいなの等身大ポスターが相対してニラミあってる状態。(ニラミあうは余計だな…)

実際、ゴロッキーズをあまり盛り立てられてないしな。
dm。のネタとしても、しっかり書けるのは美勇伝の方だったりするのです。

なぜ、美勇伝なのだろう。
しっかり書けるというのは、美勇伝はdm。が出来た後にデビューしているため、わりと、初期から追っかけられてるからです。
特に三好&岡田コンビは、成長の過程を見れているので、ネタにした時に、文章にふくらみが出るのですね。
自分が本格的にハロプロ好きになったのは、5期からなので、重要な人達です。
ただ、5期メンバーと同様に、自分もファンの初心者だったので、見方が慣れてなかったのです。
美勇伝がデビューした時は、既にファン歴が3~4年あって、自分の見方が固定されて来たわけですね。
しかも、dm。で文章を書いているので、見方も、ゆるく眺めるだけでなく、記事にするために熱心に見ますから、なおさらです。

もちろん、美勇伝の魅力もあります。
握手する度に好感度の上がった、ある意味、魔性の女である絵梨香ちゃん。
あの甘~い大阪弁に、底抜けの明るさ。仕草とか言葉の選択から感じられるキッチュな魅力、それでいてセクシーガール。ゆいやんはいろんな魅力で溢れています。
梨華ちゃんは、とにかくルックスに優れています。今さらですが。それでいて、ツッコミされ放題のお調子者。しかし、その経験と、受け継いだモーニング娘。スピリットで、仕事に対する意識の高さは抜群なのです。

言ってみれば、まったくバラバラのキャラクター。
それが、美勇伝。(唯一、同じなのは、健康的というくらい?)

ほら、いろいろ書けるでしょ。
そういうことです。

今、思ったことを、つらつら書いてみました。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す