comment 0

モーニング娘。コンサートツアー2006春~レインボー7~ 初日昼

良かった。本当に良かった。
アルバムの出来の良さそのままに、良いコンサートでした。
今日は、席も良かったので、なおさら良かった。
と、「良かった」を連発していますが、冷静に振り返ってみると…。

1.セットリストが良い。
これで盛り上がらなかったらダメ!な、セットリスト。
といっても、必ずしも定番曲ばかりに頼っているわけではありません。
アルバムで良い曲がたっぷり増えたのが、功を奏したと思います。
あと、意外な選曲も。
「大阪 恋の歌」を愛ちゃんがソロで歌うとはね。見事に歌いきっていました。さすがです。

2.セクシー。
これは美勇伝?と思わせるセクシーな振り付けがいくつか。
れいなとか、亀ちゃんが頑張っていたような…。

3.ピンク!
「レインボーピンク」も、もちろんやります。
前の曲が終わってMCに2人がいなかったときに、これは次だなと。
アルバムに収録されているままに演じるので、見ているこちらも、「重ピンク」とか、「こはっピンク」と言わなければなりません。
あたかも、ピンクな世界観の一員にならないと…ってなるわけです。
ただ、客席が盛り上がったのは、そこまで。
新曲だけに、決まった盛り上がり方がないので、そこは、これからの課題です…。

4.新曲が良い
新曲「SEXY BOY~そよ風に寄り添って~」が披露されました。
しかも、事前に振りの紙が配布される念の入れよう。
ここ最近、振りの難しい新曲が多かったので、今度は単純明快です。

5.新しい試み
良いか悪いかは抜きにして、映像をうまく使っていました。
特にアンコールのエンディングは、メンバーそれぞれのメッセージが映し出されました。新しい試みです。
ただ、これはラスト曲が「さよなら SEE YOU AGAIN アディオス BYE BYE チャッチャ!」で、その曲のまま、メンバーがはけるので、いまいち最後が拍子抜けしてしまう対策かも?
こっちも慣れてないですからね、ああいう終わり方は。

ということで、今日が初日だった、このツアー。
大満足でした。
あとは、自分はラストのさいたまスーパーアリーナだけです。
もうちょっとチケット押さえとけば良かった…。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す