comment 0

スポーツフェスティバル2006 その2

はい、他の話。

結果は…。

  • イナバウアーこと、稲葉貴子率いるグリーンアスパラの勝利
  • MVPは、1500mの1位と、フットサルでのファインセーブが光った、コンコン。韓国旅行をゲット。
  • MIPは、前の記事で紹介した、みーよ。相変わらずの健脚を魅せた矢島舞美(100mで1位、1500mで2位)。沖縄旅行をゲット。
  • 審査員特別賞は、石川梨華、嗣永桃子、斉藤瞳、吉澤ひとみの4人。下呂温泉旅行をゲット。

前回は、とにかく真剣勝負を追求していたのが思い出されます。
が、今回は硬軟織り交ぜといったところ。
ハンデを付けて、白熱の戦いを演出した、「いちおう100m走」しかり、クイズも入れたサバイバルレースしかり。

そのサバイバルレースで、なぜか注目を浴びることになった、あやや。
予想通りに注目された、さゆ。
サバイバルレースとは、1位は決めず、ビリを決める戦いなのです。
ビリメンバーを出したチームは、マイナス100ポイント。
その第1レースで、あややは、なぜかビリになってしまったのですね。
第2レースでは、さゆがビリ。まぁ、これは仕方ないか。

色々あったので、取り上げることが多いです。

キックベースは、24~3の大敗。
ちょっと、可哀想なほど。
大量失点の回にピッチャーだった、れいなは、見ているのが痛々しかったというか…。
全体的に、守備が厳しかったようです。
みーよがタイムリーヒットを記録したり、ゆいやんの好守が光りました。
フットサルの第1試合。
リトルガッタス~ファンタジスタ戦は、ファンタジスタの勝利。
村上愛ちゃんが光っていたようです。

フットサルの第2試合は、今日のメインイベント。
因縁の十条FCと対戦したガッタスは、0~4で敗戦。
2~9で敗れた、3年前のフットサル初戦よりは、確実に強くなっているのでしょう。
しかし、今日のガッタスは、攻め手に欠くはがゆい展開でした。
シュートする機会が少ない。
どこかの代表チームでも聞いたような気がしますが、それに尽きるかと。

ライブについては、次の記事。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す