リボンの騎士 ザ・ミュージカル

リボンの騎士を見てきました。
座席は5列目。しかも真ん中。始まるなり、ミキティが、よっすぃが。ドーンドーンみたいな。
ちょっと、近すぎです。

思ったより、というと失礼ですが、すごく良かった。
終わってすぐに、金券ショップに走ったり、オークションを覗いたりしました。
結局、買ってないけど、近いうちに間違いなく買います。
絶対、もう一度見たい!と思うくらい、良かったです。
今までのミュージカルで最高の出来というのは、間違いないでしょう。

主演サファイア役の愛ちゃん、迫真の演技でしたね。
サファイア役だから当然、男になったり、女になったりなんだけど、それぞれをしっかりやり切っていたと思います。1場面だけですが、笑いを取ったりとかね。
一番の見所は、母親(王妃・マルシア)を助けるために魔女(ミキティ)に魂を取られるシーンでしょうか。あと、一度死に絶えるシーンでは、まさに熱演でした。
さすがに背筋もピンとしてたし、歌声もなかなか聴かせるものがありました。声量って大事ですね。

声量、聴かせるといえば、ナンバーワンだったのはミキティではないでしょうか。前半の出番が少ないのですが、ようやっと登場すると、これでもかというほどの歌声を披露。やっぱり、本職の人にはかなわないなぁと思うわけですが、声量と雰囲気でせめてもの抵抗を見せたのは彼女だったのかもしれません。
そもそも魔女がはまり役。意地悪なだけじゃないというのも、何気にミキティっぽい。

と、まぁ、この調子で書いていくと、キリがないので、あとは箇条書き。

  • 小春ちゃんはすごく良かったと思う。宝塚じゃなくて、典型的なアイドルとしてなんだけど、弛緩の緩の方で、酢豚に入っているパイナップルというか、ね。劇場内の軽食で「小春ちゃんのカレー」と売り子さんが連呼してたけど、まさかそれが前振りとは。(箇条書きになってないな。)
  • さゆとれいなは可愛かったなぁ。
  • 麻琴は、いい味だしてたと思う。お笑いキャラでもあり、真面目な一面もあり。
  • 休憩中にグッズを買っていたため第2幕の冒頭が見られなかった。よって、美勇伝の「牢番」が見られなかった。うぅ。
  • エンディングのオンステージみたいなところは、セクシー。特に美勇伝のパフォーマンスはあり得ないくらいセクシー。困った。いーんすか?石川さん、三好さん、岡田さん。
  • なっちの「ザ・ストレス」も衣装がセクシー。なんか、ストリッパーが脱ぐ前みたい?

リボンの騎士 ザ・ミュージカル

http://www.ribbonnokishi.com/

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします