comment 0

DMIランキング 2006年10月

さも、恒例のようなタイトルで始まりましたが、DMIランキングの10月を振り返ってみようと思います。
とりあえず説明しておくと、DMIランキングというのは、dm。の記事で、各ハロプロメンバーの名前が何回登場したかというランキングです。要は、dm。での注目度ランキングであります。

さて、現時点での月間ランキングを見ると、1位・石川梨華、2位・三好絵梨香、3位・岡田唯で、美勇伝の1・2・3フィニッシュとなりました。B.B.L.が9月末で終了し、たまっていたぶんの書き起こしを、集中的に記事にしたのが原動力です。(実はまだ抜けている回があるので、おいおいやる予定。)

4位に入ったのは、松浦亜弥。dm。では基本的に日陰者である、あややですが、スケバン刑事公開もあり、4位に食い込んできました。
ということで、1~4位は、スケバン刑事出演者が占めるという結果。

注目すべきは℃-ute勢。梅田えりかの5位を筆頭に、村上愛と有原栞菜が10位、鈴木愛理と矢島舞美が12位など、奮闘しています。
とくに、梅さんとメグのCUTIE PARTYコンビは、今後も伸びていきそう。
やはり、週1のラジオの威力は抜群で、B.B.L.によって(自分的に)美勇伝が伸びたような展開に期待です。
とりあえず梅さんオシを宣言していますが、CUTIE PARTYを聞いていると、メグも可愛いなぁ…と思うわけで。
梅さんは型破りな面白さがある一方、メグは典型的な女の子のキャラクター。(ステージでは怖い人キャラになってますが…。)
例えば好きな食べ物が、ジャーキー、アイス、枝豆の梅さんに、ベーグル、とろとろオムライス、チョコのメグ。一目瞭然なわけですが、いや、四六時中枝豆オシの梅さんも可愛いんだけども。
また、前回の放送では、ケータイメールでギャル文字を使い、豹柄の流行をきちんとチェックしている梅さんに、ギャル文字は使わず、豹柄は着れないな…今年の冬はニットが欲しい…と言っているメグ。ギャルと古風というキャラも見えてきました。
℃-uteはまだまだ伸びていきそうです。

モーニング娘。勢は全体的に低調。
すっかり動物番組化してしまったハロモニ。はどうなのか…。TX深夜の帯番組もエルダークラブに奪われて以来、ほとんど出番がないし…。
自分的には、こんうさぴーを聞き始めて、さゆが先頭に立ちそうな感じ。こちらも、ラジオです。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す