comment 0

(2)mini~生きるという力~

℃-uteのミニアルバム「(2)mini~生きるという力~」が発売されました。
「桜チラリ」のオリコン5位効果か、自宅から最も近いCDショップでも℃-uteが普通に取り扱われるようになって、早速、入手しました。

1.That’s the POWER(℃-ute)
「生きるという力」という意味深なサブタイトルは、このミニアルバムに期待させるパワーに溢れていましたが、その皮切りは、なんとサンバ。
既に「CUTIE PARTY」で何度もオンエアされている曲なので、驚きはありませんが、「生きるという力」は、℃-uteにとっては若さそのもの!それを印象付けるにはうってつけの作品。

2.僕らの輝き(梅田えりか、岡井千聖、有原栞菜)
↑↑ムードで展開するこのミニアルバム。2曲目はロック。青春真っ只中のまぶしすぎる曲。℃-uteの中でも特に元気印の3人が集まりました。

3.ディスコクイーン(中島早貴、萩原舞)
なっきぃが「舞ちゃんはロックなんですけど、私はロックじゃないんで頑張ってついていきます」なんてコメントしていましたが、ロックって感じではないかも…。意外と大人びた印象があるのは、℃-uteの中では「しっかりしている」2人だから?

4.通学ベクトル(鈴木愛理)
エース登場は、もちろんソロ曲でした。しかも、奇を衒うことなく、ど真ん中に渾身の力で投げ込んできたアイドル王道の1曲。良いです。

5.夏DOKIリップスティック(矢島舞美)
舞美もソロ曲で来ました。全体的に爽快感のある楽曲。夏ですよ夏。ちょっと気は早いけど、この夏のテーマソングが決まってしまったか?と思わせる。特に「DOKI DOKI DOKI」の最後が可愛い。イチオシです。

以上5曲。聞き通してみると、既に書きましたが、今の℃-uteにとっての「生きるという力」とは、なにより「若さ」。そう感じさせる、とにかく、とてつもない勢いを感じさせるミニアルバムとなっています。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す