comment 0

「ずっと、応援しています」

今日は、朝から赤羽橋へ。初めて、ヘブンイベントに参加しました。
大江戸線の赤羽橋駅、中之橋口を出て左を振り向くと、オフィス街の中に若干の人だかり。スタッフに「整理番号お分かりですか?」と聞かれたので、ケータイを取り出して「48番」と伝えると、整理券をくれました。
しばらく待って、チェックを済ませ、入場すると、そこはGyaOで放送されていた「ハロプロアワー」でお馴染みの風景。思ったより狭いなぁ、カメラワークであぁも広く見えるものか…と感心したそこは、パシフィックヘブンなのです。

今日、このイベントに参加できるのは、わずか60人。やっぱりヘブンイベントのチケット(実はチケットは発券されない)は貴重なのだ…と思うことしきり。
12時半の会場から、あっと言う間に60人を飲み込むと、13時よりイベント開始。パシフィックヘブンがあるアップフロントビルは、その名のとおりハロプロメンバーが所属するアップフロントエージェンシーの本社所在地。事務所からちょいとやって来ましたよとばかりに、この日の主役、みーよ&ゆいやんが登場。

みーよはエクステで髪の毛が肩の下あたりまであって、いつもより女の子な感じ。ゆいやんは結構胸元の開いたワンピ。まだ、昼間だってのに。
イベントは、「浮気なハニーパイ」でスタート。続いて、2人がこの日のために撮って来たというプライベート写真を披露。
トップバッターのゆいやんは、渋谷で撮ったペコちゃんのバスとか(みーよと2人で買い物に行った時に撮ったらしい)、家に常備している?乾燥タピオカとか、お風呂に入る直前の顔とか、さらにスッピンの写真も!客席からは「可愛い」という声があがり、みーよも「スッピンの方が可愛いんじゃない?」と称賛。普段は若干ケバい(失礼!)ゆいやんですが、スッピンの可愛さは、さすがの素材を見せつけました。
一方、みーよの方は、ファンレターをベットに並べたり、健康グッズを並べたりと、自分よりモノが多い感じ。基本、引きこもっている人だし…。(本人談)あとは、小春ちゃんと撮った写真とか、そこに夏焼雅ちゃんと須藤茉麻ちゃんと徳永千奈美ちゃんが加わった写真も。やっぱり自分よりも一緒に写っているメンバーの話になるところが、いかにもみーよって感じがしました。この写真でもみーよはわりと素に近い印象でしたが、ゆいやんに負けず劣らず可愛かったですよ。あとは、鳩、鳩、鳩。どんだけ鳩好きやねん!

そんな感じでイベントは進んで(みーよのソロ曲披露~鼻歌でのイントロクイズ~ゆいやんのソロ曲披露~質問タイム)、最後は「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL」で終了。1時間と少しのイベントが終了。
終盤で、ゆいやんの言葉に、みーよが笑いのツボに入ること2度。ラジオなんかでも時折ツボに入っては悲鳴のような笑い声が聞こえてくることがありますが、まさにアレですね。

あと、新曲「恋するエンジェルハート」の話が少し。発売前なので、細かい話は出来なさそうでしたが、みーよによるとオタ芸が打ちやすい曲とのこと(本人がそう言ったんじゃないけど、本人がオタ芸打ってたから…)。衣装にはハネが付きそうですね。エンジェルだけに。

で、最後の最後は握手会。思ったよりスピーディに流れている感じで残念。高速ではないけど、こないだの裕ちゃんの時みたいにのんびり話せるでもなく。
ゆいやんには、「初めてヘブンイベントに来ました。楽しかったです」なんて当たり障りのないことを言いつつ。ゆいやんはすごく良い雰囲気を出していて、自分がゆいやんオシだったら狂うな…と思った…。「スッピン可愛かったです」とか最後に声を掛けたあたりで、次はみーよ。
本命ですからね、いろいろ言おうと事前には考えていたのです。しかし、いざ、みーよを前にすると思考能力が停止。気を失ったように握手だけしている長い1秒。はっと我に返って、なんか言わなきゃ…と気づいて口を出たのは「ずっと、応援しています」。

オメー、今まで何度握手会に来てんだよ!みーよとだって、数えてみたら6回目じゃん(最多)。
でもまぁ、そんなものかもしれませんね。それが本命ってものなのです。きっと。軽口で済ませられない重みってものがあるのです。多分。
………、とりあえず、自分を慰めておくのでした。

そうそう、質問タイムで、みーよが℃-ute好きだって言ってました。特に愛理ちゃんが可愛いって。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す