comment 1

今日のハロプロ

ハロプロのことを書き始めると拡散しちゃうので、1日1本でまとめて書く実験。

吉川友ってエッグにいたのか…
知らなかった。ハロプロ好きやってても、いかに情報に疎いかを悟った…。
ネットやってて「つながる」というのは、自分の書いているものを他の人が見つけてくれる「アウトサイドイン」だけじゃなくて、自分が他の人の書いているものを見る「インサイドアウト」にも抜群の効果がある。しかも、自然に。そういうのが2.0な気がする。

やっぱり、みーよが上手い

梨華ちゃんも、ゆいやんも頑張ってるし、楽しそうだし、会場を盛り上げようとしているし、それは凄い分かるのだけど、やっぱり歌がちょっと不安。その点、みーよはソロパートを安心して聞ける。素晴らしいと思う。この曲じゃ少ないけどね。

寝る子はキュート
私としたことが30分近く遅刻してしまった。途中、もうやめて帰っちゃうかなんて思ったが、見て良かった。座席も4列目の真ん中で、かなり良い席だったし。
最後の歌のところで目を引いたのは、アリカンこと有原栞菜。彼女の歌うときの顔を今日ほどまじまじ見たことはない。なんて表情が豊かなのだ。矢島舞美のようにずっと笑顔というのも好印象だが、それとは違う。切ないときは切ない顔をするし、恥ずかしがるときはいかにも恥ずかしそうな顔をする。それでいて歌い終えると堂々とした顔になる。素晴らしい。風格すら感じた。

「めぐる恋の季節」と「告白の噴水広場」
℃-uteのメジャー2ndシングル「めぐる恋の季節」を、CUTIE PARTYで初めて聞く。こりゃまた盛り上がりそうな楽曲で、℃-uteのライブがさらに熱くなりそうだ。なっきぃによると「プロモーションビデオを見て欲しい。絶対、見て欲しい」そうなので、そっちも。

一方、Berryz工房の「告白の噴水広場」もOA。こちらは完全に歌謡曲。℃-uteより一歩先行くBerryz工房って感じかな。キャリアの違いというか。

PVは、渾身の一作。ストーリーがあるし、メンバーそれぞれのキャラクターもきちんと付けられている。素敵だ。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

1 Comment so far

コメントを残す