comment 0

新しい旅立ち 美勇伝活動終了

公式サイトでも発表されたようですが、美勇伝がこの6月で活動を終了することになりました。

私は、幸いにもその発表の場に居合わせることが出来ました。
横浜アリーナで行われたハロー!プロジェクトの2008年正月コンサートの総決算「集結!ハロプロアワード」のラスト前の曲まで終わって、出演者全員が雛壇に勢揃い。いつもなら、すぐに出演者の紹介と挨拶に移るところで、「ファンの皆さんに、美勇伝から大切なお知らせがあります」との声。
いちばん聞きたくないと思う言葉です。ドキドキ、ドキドキ。この言葉から始まって、良いお知らせなんてないのです。

「美勇伝は6月の単独ツアー最終日をもって活動を終了します」。

あぁ、やっぱりだ。やっぱり、良いお知らせじゃない。
しかし、それよりも私にとって重要な情報が次に来るはず。それを聞き逃すまいと、耳を澄まします。

それは…。
梨華ちゃんには音楽ガッタスがあります。そうでなくても、ソロ活動できる人です。
ゆいやんは、まだまだこれからのところもあるけど、徐々に単独でのテレビ出演も増えてきているし、「ベストブレイク賞」の里田まいに続く人です。

そして…。
我が親愛なるみーよは?みーよはどうなるの?
あんまり、こうやって書くのもどうかと思いますが、みーよは歌への想いが強いとか、そういうのもあるけど、その魅力は普通さだと思うのです。デビュー時からすると明らかにあか抜けて、アイドルになったみーよですが、やっぱり普通さが抜けない。公園で鳩と遊んでるだとか、健康グッズを買い込んでいるだとか、某情報サイトでは「マニアックな人気」とまで書かれた、我が親愛なるみーよが、どうなるかということ。

耳を澄まして聞きました。最後まで聞き込んでも、「別の道を…」なんていう言葉はありませんでした。それよりも、「(3人とも)ハロプロメンバーとして」ということ。

良かった。良かった。助かった。ほっとした。そしたら、気が抜けた。
最後の曲も、最後の挨拶も、ぼーっと立ち尽くして、ただ拍手だけしていました。

美勇伝がなくなるのはとても寂しいことで、みーよの公式コメントにもあるとおり「期待と寂しさ半々」ですが、私は新しい旅立ちなのだと積極的に受け止めようと想います。
もちろん、美勇伝のファイナルツアーには、出来るだけ参戦したいと思います。

以上。(コンサートの内容に関するレビューは、また明日。アディオス!)

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す