comment 0

モーニング娘。コンサートツアー2008春~シングル大全集~

終わりました。今日は長い一日でした。朝の8時半には家を出て、もう21時半。

℃-uteのイベントがあったよみうりランドから、八王子に回ってモーニング娘。のコンサート。すべて終わりました。
さて、そんなモーニング娘。のコンサートは、開演前から客席の盛り上がりが凄かった。お前ら、本気か?みたいな。私は5列目のセンターより少し右側と良席。だから、後ろからの盛り上がりが。背中にどんどん押し寄せてきました。

開演してみて、その理由が分かったような気がしました。おそらく大半のお客さんは既にこのツアーを見ているに違いない。今日の昼公演も見ている可能性が高い。だから、知ってるんだなと。

新曲「リゾナントブルー」から始まったセットリスト。序盤は最近のクール系の曲が続きました。「悲しみトワイライト」とか「女に幸あれ」。正直言うと、私、苦手なんですよ。この辺の楽曲。どうしても、℃-uteに心を奪われていたものだから、実におざなり。それより「まっさらブルージーンズ」が「大きな愛でもてなして」で「桜チラリ」なんすよ。それだけにね、5列目という良い場所にいたにも関わらず…。申し訳ない。

でも、℃-uteが出て来る前の娘。楽曲、まだ小川麻琴がいる頃ならね、いくらでもPPPHするからさ。
つまり、そういう楽しみ方が出来るのが、今回のセットリストの妙。なにしろ「シングル大全集」なのであります。メドレーの応酬で本当に全部やっちゃう。

例えば「SEXY BOY」だったり、「直感2」、それに「女子かしまし物語」。微妙に古い楽曲たち。

もうちょっと古い目だと「Mr.Moonlight縲恬フビッグバンド縲怐v、「そうだ!We’re ALIVE」、「ここにいるぜぇ!」、「Go Girl」。泣けてきますね。

さらに古い名曲たちはソロで彩られました。「ふるさと」をさゆが歌うとか、「真夏の光線」がガキさんとか。いいねぇ。
そんなわけで、最近の娘。ナンバーに疎い私でも、さんざっぱら汗かける内容でした。あれ、それって紅白の懐メロコーナーみたいなもんですか?どちらかといえばテレビ東京系の「年忘れにっぽんの歌」を見る方の視聴者と同等ですか?
おぉ、意外にもそんな深いことを考えた本ツアー「シングル大全集」。たぶん、℃-uteの直後に見たからね、なおさらそう思うんだろうけども。

ちょっと、今後の私のハロプロ人生、考えちゃいますヨ。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す