comment 0

Berryz工房 「5(FIVE)」

Berryz工房の5枚目のアルバム「5(FIVE)」をやっと聴いてみました。

最近のハロプロからのリリースというと、℃-uteの「江戸の手毬唄II」しかり、モーニング娘。の「ペッパー警部」しかり、いろんな意味で一ひねりあるものばかり。
そんな中で、なんか純粋なハロプロソングにありつけたというホッと一息つける作品でした。

いくつか取り上げます。

「HAPPY! Stand Up」
冒頭から大変に結構な曲でありまして、盛り上がること請け合いだし、何気にカッコ良いし。ちょっとだけオトナっぽいし。こういう曲はモーニング娘。あたりがバシッとやるべきだと思うんだけど、それをBerryz工房がやるというのが、今のハロプロのバランス感覚なのかもしれませんな。

「行け 行け モンキーダンス」
その全身猿の着ぐるみなPVだったりでお遊びソングに見られがちというか、まぁ、お遊びソングなんだけど。でも、なんか中毒性があるので、ハマると聴きまくってしまう。

「CLAP!」
良くも悪くもBerryz工房らしい、良くも悪くもアイドルソング。正直、音程合わせて歌えるのか?と不安になってしまう歌声なんだけど(いや、合ってるんだけど)、そこを元気さで持って行っちゃってる感じ。熊井ちゃんが楽しそうだから、いいか。みたいな。

「夢を一粒 縲廝erryz仮面 Endingテーマ縲怐v
タンゴテイストな一曲。いかにも、つんく♂っぽい遊び心を感じる。オープニングには「我ら!Berryz仮面」という典型的な戦隊モノのテーマソングがあって、これがエンディング。Berryz仮面をフィーチャーした℃-uteとの合同コンサートもやったし、完結ってことですね。

「BE」
非常に厳かな仕上がりになっていて、これは心して聴かねば!と思わせるのだけど、まだ心して聴いてない・・・。Berryz工房には「青春大通り」とか、そういう名曲がふいと登場することがあるので、この「BE」も、もしかしたら、そうかもしれない。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す