comment 0

小川麻琴ファンクラブイベント第3弾

行ってきました。小川麻琴ファンクラブイベント第3弾。
16時からの回の整理番号35番だったのですが、池袋でのんびりし過ぎて、赤羽橋に着いたのは開演10分前。遅刻しなかったのは良かったものの、席はかなり埋まっていて、後ろの方になってしまいました。

先月のイベントは、予定時間1時間のところ、2時間やっちゃうという凄いイベントになったのですが、今月は2回公演ということもあって、そこまで長くはないというレポあり。1回目は1時間20分だったようですが、私の見た2回目も、ほぼ同じ長さといったところでしょう。

まぁ、とにかく感心するのは、麻琴のイベントはいつ見ても面白いということ。
もう、ずっと麻琴が喋っています。もう、延々と…。MCにタイムマシーン3号がいるにも関わらず、とにかく喋る。あれ、仕切りをやっている山本さんの方は良いけど、関さんが喋る時間がないよね。今日の主役はあくまで麻琴であって、タイムマシーンさんではないので、仕方ないと言えばそうなのですが、ちょっと可哀想な気も…。
でも、それだけ、芸人さんの出番を奪うほど喋れるのだから、最近のバラエティ番組での活躍も頷けるというものです。

今日の麻琴の衣装は、上は白と黒のボーダー。下はひらひらの付いたかなり短いパンツ。胸元も結構あいてる感じで、露出高かったです。(本人も言ってた。)
で、そのボーダーの服が、ボディラインにフィットする感じのやつだったから、そのナイススタイルがくっきり。あれ、麻琴ってこんなにスタイル良かったのか?と感心しました。
娘。時代が大きめだったからね。ダイエットすればこんなものってことなのでしょう。まぁ、ダンスしまくってたわけだし、ベースは締まっているのでしょう。

内容はというと、とにかく喋ってた。麻琴が喋ってた。それしか印象ないや。
前回に続いてニュージーランドでの写真を見ながらのトーク、それから今回のチャレンジ企画であるコント(LOVEマシーン3号)、○×クイズ「小川麻琴検定」、お客さんノ質問に答えるコーナー。
先月は、見事にポストカードをゲットできた小川麻琴検定は、今月は初戦敗退でした。
あと、歌は「大阪 恋の歌」と、すっかり麻琴の定番ソングとなった「青空がいつまでも続くような未来であれ!」。

握手会は、史上最高レベルのまったり握手会。
プレゼント直渡し、人送りスタッフなし。普通に会話のキャッチボールが可能。それでも常識の範囲で切り上げる良識あるファンばかりだったので、特にトラブルなし。素晴らしいことです。逆に、いつもの高速握手会に慣れて?すぐ離れようとして麻琴から手を離してもらえないという人も多数いたような…。
ちょうど自分の前の人の時にBGMが止まったので、麻琴は横にいたスタッフに「止まったよ~!」とか言って、そのスタッフはBGMをかけに行く。そうすると、ステージの上には、麻琴とヲタしかいない状態。おいおい大丈夫かよ。ベリキューなら絶対にあり得ないシチュエーション。ホームグラウンドでのイベントだし、安心しきってるんだろうね。まぁ、スタッフも麻琴一人残して行くくらいだから、ファンとの信頼関係が出来てるってことなのでしょう。
自分も、そこそこ喋って出てきました。来月のイベントでギターに再チャレンジするという話だったので、その辺の話を。

そんなわけで、大満足のイベントでしたね。麻琴は裏切らない。しかも楽しい。
来月も是非、来たいと思います。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す