三好絵梨香&岡田唯カジュアルディナーショーに行ってきた

今日、銀座のRESTAURANT For ETARNITYであった三好絵梨香&岡田唯カジュアルディナーショーに行ってきました。
まぁとにかく分かりづらい会場だったけど、2時間も前に着くくらいに早く家を出たので、問題なく会場に着きました。

目印となった神戸らんぷ亭で遅めの朝食を摂って、やることもないので思い出の銀座福家書店に行ってみたりして暇をつぶして、戻ってくるとB2Fに降りる階段に行列が。
定刻の12:30に開場。開場が200人くらい収容するところだったので、どんなものだろうと思っていたら、席数はだいたい120席。
ということは、100番台の自分はかなり後ろ。というか、一番後ろの隅って、なんじゃらほい。でも、まぁ、壁際の前側みたいに水平というわけじゃないから、ステージもだいたい見えました。

食事はバイキングと聞いていたので、それならあまり食べられないだろうと食事してきたのですが、実際は席に着くなりドリンクオーダーがとられて、しばらく待っていると料理のプレートも運ばれてきました。チキンソテーにトマトソースがかかったものがメインで、あとはサラダ、スープにパン。まぁ、場末の洋食屋の1,200円くらいのランチメニューみたいな感じ。事務所儲かるな。味はまぁ、こんなもんかってところ。
それより、ウエイターがやたらお爺ちゃんばっかりなのは何故?あるはずの席がない?とかであたふたしてるし、大丈夫か?この店?(ウエイトレスの方は、それなりにしっかりしていたけど。)

さて、14:00になってショーの開演。セットリストは、

  1. 恋のヌケガラ
  2. 銀杏~秋の空と私の心~
  3. 雪/愛×あなた≧好き
  4. 最後の夏休み ※岡田ソロ
  5. ジュリアン(プリンセスプリンセス) ※岡田ソロ
  6. あの夏の夜 ※三好ソロ
  7. Winter Love(BoA) ※三好ソロ
  8. 紫陽花アイ愛物語
  9. 歩いてる
  10. 終わらない夜と夢

という、10曲。美勇伝が4曲、それぞれの持ち歌が2曲、ハロプロ内のカバー2曲、ハロプロ外のカバー2曲で、図ったかのようなバランス。
今、考えてみると、3曲目に歌った「雪/愛×あなた≧好き」には、あなたが好きなのがチキンソテーでしょ…という歌詞があるので、今日の料理とかかっていたといえば、そうなのかも。

み~よの2曲はどちらもバラードで、かなり聴かせてくれました。店のスタッフがショーの時は後ろで見ていたのですが、このみ~よの歌なら誇れるな…と、思いました。(ゆいやんの方はご愛敬やからな。でも、ジュリアンは結構評判良いみたい。)

歌と言えば、「紫陽花アイ愛物語」。どうしても、自分はこの歌にこだわりというか、思い入れがあるもので…。
今日の紫陽花はかなりアレンジされていて、アップテンポなロックナンバーのような仕上がりになっていました。
ちょっとな。自分的にはな。出来れば、紫陽花はしっとり聴かせて欲しいのよ。ここがちょいと残念でした。

MCは、いつも通りのgdgdみよゆいトークで、笑わせてくれました。
そんな中でも、み~よのソロコーナーでのトークで猫目倶楽部の話が出たのは嬉しかった。

「猫目倶楽部の続編をやれたら」
「テーマソングもかなり好きで、ぜひCD化を」

ということを、み~よは個人的に思っていると。
これが個人的でなくなったら、どれだけHappyか!
でも、み~よ本人がそう思ってくれているのを聞けたのは嬉しい。

最後のポラ撮影と握手会。
ポラは2人とも近くに寄ってくれたけど、み~よの寄り方が凄かった。あとでポラ見たら自分もみ~よに寄り気味で…。
握手会では、デビュー当時に福家書店でやった握手会のことを言いました。
2人も覚えていて(もちろん?)、その時も自分が行ったということを話すと、感動してくれました。
長いことみよゆいヲタやってて、良かった…。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。