村田めぐみ初ソロイベント~バレンタインKiss?~

今日、六本木のSplashであった「村田めぐみ初ソロイベント~バレンタインKiss?~」の昼公演を見てきました。

会場の六本木Splashへは、地下鉄千代田線の乃木坂駅から歩いて行ったのですが、とにかく道に迷った。そもそも路地にあるところ、ちょうど周辺が工事中でなおさらよくわからない。
それでも開演時間15分ほど前には着いたので、大丈夫だったのですが、席は2階の2列目になってしまいました。まぁ、仕方ないっすね。

実は、というか、なんというか、今日このイベントを見に行った理由というのは、村田さんの初イベントだから!というわけではなくて、み~よがゲストで出るからなんだけど。
まぁ、世の中そんなもんですよね。でも、み~よの出番はあんましなくて、ショボーンみたいな。世の中そんなもんです。ゲストだからな、み~よは。

公演時間は75分。全体を通しで見た印象は、たしかに歌のイベントなんだけど、ある意味、村田めぐみ独演会でもある。いや、ソロイベントだから「独演」なのはそうなんだけど。
そういう意味じゃなくて、女芸人・村田めぐみのステージでもあった、ということ。
お笑い芸人のステージって見たことないのですが(落語の寄席は除く)、雰囲気的に、こんな感じじゃないのかなぁ…。そこはかとなく漂うアンダーグラウンドな感じも。言ってしまえば、だいたひかるとか。いつ、「ど~でもいいですよ~♪」とか歌い出すんじゃないか?と思った。

歌は、バレンタインの定番中の定番、国生さゆりの「バレンタイン・キッス」があり、Perfumeの「チョコレイト・ディスコ」も。
あとは、なぜか五木ひろしの「江戸の手鞠唄」(あくまで五木ひろしバージョン)があったり、練習したというギターの弾き語り(ほとんど弾いてない)で、つじあやのの「風になる」とか(つじあやのはギターじゃなくてウクレレだよね)。
メロン記念日の曲は、「赤いフリージア」と「告白記念日」だけだったかな。あぁ、あとオープニングが「ランチ」だった。

み~よが出演したのは前半の1コーナー。村田さんの「み~よといえば猫目倶楽部のイメージが…」とか言うので、もしや猫目のテーマソングでも歌うのでは?と、勝手に期待していたのですが、さすがにそれはなくて「キャッツ・アイ」でした。これは2人で。
もう1曲は、み~よソロで、綾香の「三日月」。これは、以前のイベント(たぶんパシイベ)で歌った曲で、ソロでの定番ですね。
み~よが出たのはこれだけ。トークでは、元美勇伝の3人でネズミーランドに行ったという話。これ、すごいね。みよゆい2人で行ったという話は以前にもあったのですが、梨華ちゃんまでいたというは奇跡的ではないか!で、梨華ちゃんは自分の喋りたいことだけ喋ってたらしい。まぁ、それが梨華ちゃんってもんだな。

最後は、ポラ&握手会。
あの場にいた私を傍目で見ていたら、明らかに村田さん推しに見えただろうな。
なんか、ポラがいつの間にか撮り終わっていて、握手をどうぞっていうから、なんか、み~よの方を振り向いた(やっぱり)。で、「次はみ~よのイベントがあったらいいね」とか言っているうちに、なんとなくまた振り返って村田さんの方へ。「ギター練習したんですね。まこっちゃんも練習してるっぽいですよ」なんて言ったら、結構村田さんは喋ってくれた。「でも、まこっちゃんの方が、まだ弾けてたというか…」と言ったときに、後ろでみ~よの笑い声が聞こえたんだけど、村田さんは「だと、思います。これからですよ、これから!」と、例の口調で言ってくれました。で、終わり。

Splashというのはかなり小さな会場なんだけど、それでも村田さんはソロでイベントをやるというので、相当気合いが入っている様子でした。メロン記念日としては、何度ももっと大きなステージを踏んでいても、やっぱり1人だと違うんでしょうね。
村田さん本人は、今日のイベントのことを「ショー」と言っていたのですが、まさに歌ありネタありで「ショー」でした。

次は、み~よのソロイベントも期待したいですね。ホントに。お願いしますよ…。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。