み~よの誕生日と「凛として!」

今日は、み~よこと三好絵梨香さんの誕生日です。25歳の誕生日、おめでとうございます。
さて、そのみ~よが主演の舞台「凛として!」を、昨日見てきました。場所は定番の池袋にあるシアターグリーンBIG TREE。
脚本の中村純壱郎(トノチョ’)さんは「ミコトマネキン」でも脚本だった方ですね。ミコトマネキンではみ~よは主演ではなかったのですが、それが今回は主演ということで、舞台人脈が着々と出来ているようです。去年の今頃は、ここまで出来るとは思ってなかったよなぁ。素晴らしいです。
み~よの主演は3作品目ですが、もう、すっかり主演女優で安心して見ていられました。スーツ姿も綺麗だったし。考えるのはちょっと苦手だけど、明るくて目的には一途で・・・というキャラクターは、猫目倶楽部でのキャラクターにも通じるところがあるのですが、み~よっぽくて良いのではないでしょうか。(ミコトマネキンでのキャラクターも結構好きだったけど。)
同じアップフロントの女優である村上東奈(はるな)さんは、猫目2でも共演したわけですが、役柄とかキャラクターがほとんど一緒で、デジャビュな感じ。どっちの作品もある意味戦隊もので、先輩後輩関係で、超強気ほんの少しツンデレなキャラクター。もう少し、別のキャラクターも見てみたいところ。
猫目2と同様に、今回もエッグの子たちが出演。猫目2では吉川友ちゃんと森咲樹ちゃんで、凛として!では「ぁぉ」こと北原沙弥香ちゃん、西念未彩ちゃん、佐野香織里ちゃん。さらに「コレティ」こと是永美記ちゃん。
MilkyWayとか、音楽ガッタスで見たことある人もいるけど、実際まじまじ見るのは初めてだった4人。
見終わってからTwitterで少しつぶやいていたのですが、ぁぉがあんなに可愛いとは思わなかった。MilkyWayではどっちかというときいろ(吉川友)派だったのに、昨日でぁぉ派に変わってしまった!
特に、アフタートークがね。み~よの鳩好きをからかって、稽古中に東奈ちゃんと一緒にやっていたという「鳩のオーディション」。ある意味、ミニコント。東奈ちゃんがプロデューサー役で、ぁぉが鳩。これは、やりきってた。凄かった。あんなにアフタートークで笑えるとは思わなかった。
あと、國武綾さん(劇団宝船)も身を捨てて笑いを取りに来てました。さすが本物の女優さんですね。気合いの入り方が違った。
と、ちょっと昨日のアフタートークは反則気味の面白さだったので、肝心な本編の印象がちょっと薄れてしまったのです。そんなに深いストーリーでもなかったし。ま、面白かったということでいいか。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。