comment 0

メロン記念日解散

ついに、来るべき時が来た。

本日、SHIBUYA-AXで行われたメロン記念日10th ANNIVERSARY LIVE『生誕3654日感謝祭』のステージ上にて、メンバーから「メロン記念日は解散します」との発表がありました。
引用元: 【メロン記念日解散に関する大事なお知らせ】:MELON LOUNGE メロン記念日オフィシャルブログ.

3月に舞台「メロン記念日物語」をやったりするのは、そのためだったのか!

正直言って、メロン記念日が解散するとは思っていなかった。10周年を迎える彼女たちだが、あと10年経ってもやっぱり地味に活動しているはずだ、そして「メロン記念日だけは変わらないなぁ」とか言うのだろうと思っていた。彼女たちが40代になっても、ちょっと恥ずかしい「メロン記念日」という名前を大事に、大いなる誇りをもって、名乗っているはずだと思っていた。それが彼女たちのロックなのだと。

ハロプロのユニット(メロン記念日は既にハロプロではないが)は、自然消滅したり、活動休止することはあっても、解散するというのは、あまり記憶にない。きちんと発表して、きちんとファイナルコンサートまでやった美勇伝ですら、活動休止なのだ。

それが、メロン記念日は「解散」と言い切っている。 なにしろハロプロ黎明期より、10年に渡って、メンバーの入れ替えなど一切なく、活動してきたユニットである。盛大に解散を祝って欲しいと思う。

私自身、メロン記念日の熱狂的なファンだったという時期はない。ハロプロという一つの箱の中で、たまにライブに行ったり、舞台を見に行ったりした程度。
メロン記念日には、メンバーからオタモダチと呼ばれるコアなファンが付いている。彼らからすれば、私などはライト中のライトだ。でも、まぁ、少しだけ振り返っておこうかと思う。

メロン記念日の主演舞台「かば3」が今日から始まりました(昨日は公開ゲネプロ)。会場は、池袋のグリーンシアターBig Tree。前回の「かば2」といい「猫目倶楽部」といい、この劇場に…
今日、六本木のSplashであった「村田めぐみ初ソロイベント~バレンタインKiss?~」の昼公演を見てきました。 会場の六本木Splashへは、地下鉄千代田線の乃木坂駅から歩いて行…
今日、Shibuya O-EASTで行われたメロン記念日のイベント「MELON GREETING」を見て来ました。月イチイベントの初回です。

メロン記念日をメインに、毎月ゲストを…

メロン記念日は舞台ありイベントあり。メロン記念日の4人が主演で、客演やゲストで他のハロプロメンバーを呼ぶということが多かった。私もそれにつられて見に行った口。

メロン記念日のカウントダウンライブには、2009年のカウントダウンを観に行った。会場はなぜか、いつも名古屋。このときは、Zepp Nagoyaで3時間ほどやっただろうか。非常に楽しかったことを覚えている。

昨日、2週続けての日本青年館で、自身2公演目を見て来ました。
やっぱり汗だくになって、ごっちんとメロン記念日のパワーには、圧倒されっぱなしです。
先週(10日夜)とは、セットリスト…
いや、良かった。見て、良かった。来て、良かった。
明日分の仕事もやっちゃえ~みたいな勢いで、今日をすっぽかさなくって良かった。
昨日の夜から始まって3公演目となる、今日の夜の部を見…
今日から始まったメロン記念日のコンサートツアー2004冬「ザ☆メロンショー!」渋谷公会堂の夜公演に行ってきました。
渋谷公会堂というと、その昔、谷村有美が「思ったより小さい」発言を…
メロン記念日の初主演ミュージカル「GIRL’S KNIGHT」を見てきました。
会場は、池袋の東京芸術劇場(中ホール)。メッカですよ、舞台の。
明日まで公演があるので、ネタはバラさ…
今日はメロン記念日のデビュー5周年!
まったくチェックすることもなく、とても残念なファンである私ですが、そうと知ったら乗っかっていく私でもあり。バンザイとか、アンコールでのファンだ…
さっきは、なっち復帰について書いたので、今度はレビュー&コンサートそのものというか、レビューパートについて。
レビューはきっかり30分。思ったより短い。思ったより質素。
簡単に言う…

メロン記念日単体のライブは3回しか観に行ってないんだな、とブログを振り返ってみて思った。でも、メロン記念日のライブの熱さというものは、印象に残っている。
ハロプロで熱いライブを展開するのは、メロン記念日と後藤真希であって、その2組が集結した「Rockですよ」は、最高傑作。「Rockですよ」は、もともと私が後藤真希のライブ好きだったこともあって、2回観に行った。ライブDVDも家に置いてある。

行ってきました。「サイボーグしばたセレクション 2004秋味」。
今日が最終日で、その12時からの回を見ました。
会場の渋谷・UP LINK FACTORYは、初めて行ったのですが…

メロン記念日を語る上で欠かせないのが「サイボーグしばた」。舞台は斉藤、村田、大谷が研究員をつとめる大山田研究所。所長のマッドサイエンティスト大山田は、自らが改造したサイボーグを使ってカニを大量に捕まえて安く販売する大山田カニ商会を設立することを目論んでいる。主人公の柴田あゆみは最初ふつうの女子高生だったのだが、無理やりサイボーグに改造されてしまう。逃げる柴田と、あの手この手で追いかける大山田。話はいつも、柴田の10倍パワーが活用されて、逃げ出すことに成功する。まぁ、そういう話。

「2004秋味」は渋谷の小さなシネマスペースで上映会をやったもの。シリーズは第3弾まで続いて、第4弾が出るという話もあったようだが、残念なことに出ずじまいだった。

メロン記念日の曲でいちばん好きなのは何か?と問われれば、私は「LEATHER」と答える。半端なくカッコ良い曲。落ち着いた曲だったら「レモンタルト」が好きだ。
(1分55秒からレモンタルト)

ライブで掛け値なしに盛り上がるのは、彼女たちのターニングポイントになった「This is 運命」だろう。

ほとんど柴田あゆみのソロだが「香水」は、メロン記念日最大の名曲だろう。斉藤、村田、大谷のコーラスワークも見逃せない。

メンバーは今後どうするのだろうか。その辺の記載がない。なにしろ10年も活動しているだけあって、メンバーはイイオトナだ。最年少の柴田あゆみですら四捨五入すれば30歳・・・(失礼)。その柴田あゆみを除いては、斉藤瞳が新潟、村田めぐみが宮城、大谷雅恵が北海道と地方の出身だから、地元に帰ればラジオパーソナリティとか、そういう仕事はあるかもしれない。あと、ここ数年のメロン記念日は小劇団と舞台をやったり、ロック化計画を銘打って、いくつかのバンドとコラボレーションをしてきたから、ハロプロ外の人脈も出来ているかもしれない。その辺つながりで、個人での新しい展開があったりしたら、面白い。今後の活躍を祈るばかりだ。

まずは、解散まで突っ走っていって欲しい。出来れば、何か1つくらいは観に行きたいと思う。

【中古】ハロ☆プロ オンステージ!2007『Rockですよ!』 [DVD]
created by Rinker

「Rockですよ」より、後藤真希とメロン記念日の「スクランブル」。

同じく「Rockですよ」より、斉藤、村田、大谷の「いいわけ」。

Filed under: Hello! Project

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す