目指せデビュー!!スマイレージ笑顔キャンペーン

今回のアップフロントは何か違う!
ハロー!プロジェクトの最終兵器「スマイレージ」のプロモーションでは公式サイトにブログにYouTubeそしてTwitterとネットを駆使しているところだが、ついにメジャーデビューを賭けた一大プロモーション作戦が始まった。

今日、代々木・山野ホールで行われたハロプロエッグのコンサートにゲスト参加したスマイレージ。事前にスマイレージスタッフからTwitterで以下の告知が行われていた。

日付変わって本日のノリメンLIVEでスマイレージから1つ発表が有ります。from:Smileagestaff

これを見て、メジャーデビューの発表なんだろうなと思っていたのだが、現実には予想の斜め上を行く展開が準備されていたのだ。

それは・・・。

なんと!

スマイレージというユニット名は、Smile+Age。だから、ファンの、そして道行く人の笑顔を1万枚集めて来いと。それでモザイクを作るんだと。そんなこと本当にやっちゃうんですか?いや、やっちゃっていーんですか?いーんです!(川平慈英風)

つまり、ASAYAN風なことをやりたいわけだ。

そう、こんなの。

残念ながらASAYANは放送終了から随分経つし、当時と状況はあまりに違う。別にCDを手売りしようというわけでもない。笑顔の写真を1万枚集めるために、スマイレージがどういう苦労をするのか、それはどのようにドキュメントされて、一般層の胸に響くものになるのか?

どうやら、YouTubeでドキュメントされていくようだ。今回掲載されている動画のタイトルが「#1」となっている以上は、続編があるのだろう。たしかにいま、YouTubeには伝搬力がある。ブログにこうやって貼ったり出来るし、はてブのホッテントリになれば注目度は上がる。(その辺のユーザ層は、ネット上級者かな)

このキャンペーンをどうやって広めていくか。期間はわずか1ヶ月しかない。とりあえず私に出来ることをやろうと思って、こうやってブログに書いたり、Twitterでリツイートしているのだが、もっとネタが、もっと施策が欲しい。

ネット上では(特に某掲示板では)、顔を晒すのは嫌だとか、ヲタの顔を集めても見栄えが良くないとか、ネガティブな声も聞こえる。運営規約によれば、同じ顔の写真は1枚分としかカウントしないというが、本当にそれは可能なのか?という指摘も出ている。顔は晒したくないが、協力はしたいという人は、別人の写真を投稿するのではないか?という不安の声もある。

ここ是非とも紳士的に参加してくれることを願うばかりだ。せっかくの企画である。ハロプロの今後のためにも、感動的なエンディングを迎えたいではないか。

当ブログでは、このキャンペーンについて最大限の協力をしていく。

egao-campaign

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。コールセンターへのAI導入プロジェクトに参画したことをきっかけに、AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。株式会社ビビンコでは、IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。