最近のモーニング娘。とかハロプロとか

こんな時間に何か書くからにはたぶんハロプロ絡みなのでありまして。

私のモーニング娘。熱というのは、2~3年前にだいたい醒めていたので、それがもう一度温まることもないだろうと思っていたわけです。しかし、困ったことに9期とか10期という新しいメンバーが今年入ったわけですよ。

9期メンバーの4人であるところの、譜久村聖、生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音は2011年1月2日に加入。そして、10期メンバーの4人、飯窪春菜、石田亜佑美、工藤遥、佐藤優樹は2011年9月29日に加入したわけであります。ちなみに、9月29日の10期メンバー発表の日本武道館でのコンサートは私も参戦したわけでありまして、特に印象深いわけです。

実際、モーニング娘。の加入&卒業イベントというのは、保田圭の卒業コンサートくらいしか今まで参戦したことがなくて、10期の加入というのは2回目なのですよ。あと、ハロプロ全体でいえば美勇伝の解散コンサートもあったか。もちろん、卒業コンサートの1つ前とか、2つ前にはだいたい参戦しているのですがね。

まぁ、そんな10期の話もありつつ、それでも特にモーニング娘。熱が戻るというほどでもなかったわけです。せいぜい、9期が加入して初のシングルである「まじですかスカ!」を買ったくらいで。

で、結局のところ、私をこの道に引き戻したのは、「道重さゆみのモベキマスってなに??」だと思います。Ustreamの番組で、YouTubeでも引き続き配信されているのですが、とにかく最近のハロプロの人たちのキャラとかを見るにはうってつけの番組でありました。まさに「モベキマスってなに??」がよく分かる番組だったのです。
あぁ、モベキマスってのは、モーニング娘。の「モ」、Berryz工房の「ベ」、℃-uteの「キ」、真野恵里菜の「マ」、スマイレージの「ス」なのですよ、みなさん。

「モベキマスってなに??」は全8回の放送で、30分と言いつつも実際は1時間ぐらいやっていて、道重さゆみのこども好き加減が極まっているので面白かった。特にお気に入りであるところの9期メンバー鞘師里保の名前が出ると目つきが変わってしまう「みっしげさん」と、それにどん引きしながら突っ込むももちさんが楽しめた第8回もなかなか楽しかったわけですが、真骨頂は、そのお気に入り鞘師里保が登場する第6回であろうと思います。

第6回は他にも10期の工藤遥、℃-uteの鈴木愛理がゲストで、それはそれはプレミアムな回だったと思います。
ちなみに、この第6回が全8回の中で2番目に短い回(44分)でした。最長が第8回の73分、他もだいたい50分くらいやっていることを考えると、大好きなメンバーを目の前に置いた道重さんのヘタレ具合が分かろうというものです。

あと、最長の第8回、2番目に長い第5回(54分)ともにゲストに矢島舞美がいたというのは、単なる偶然ではないように思います。道重さん本人も今年の収穫として「矢島ちゃんは絡めば絡むほど好感度が上がる」と言っていたので、相性の良さもあるように思います。まぁ、舞美もこども好きだからな。

と、そんなわけで文字数も1300字が近づいてきたので、このへんでやめておこうと思います。あぁ、「はう」こと飯窪はるなんのことも書きたかったし、RIHO-DERIでの鞘師里保の面倒くささ加減と鈴木香音の常識人ぶりも書いてないし、譜久村聖の団地妻ネタやら、生田衣梨奈がいつも壊れていることとかもあるわけですが、とにかくお前は1月3日に誰のソロTシャツを買って着るつもりなんだとか、まぁ、いろいろあるわけです。わーわー言うとります。お時間です、さようなら。

お別れの曲は、ハロー!プロジェクトモベキマスで、ブスにならない哲学。どうぞ。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします