SOS JobSchedulerについて

JobSchedulerは、ドイツのSoftware- und Organisation-Service GmbH(SOS社)が提供しているオープンソースで、GPLと商用のデュアルライセンスになっています。ドイツ製とはいえ英語での情報提供も行われています。
日本では2013年4月にJapan User Groupが発足し(Artisan Edgeも発足時メンバーとして参画しています)、一部機能の日本語化など、これからの進展が期待されます。

SOS JobSchedulerの主な機能

  • 通常の実行可能プログラム、シェルスクリプトなどをジョブとして実行
  • ジョブの戻り値に依存した後続ジョブの実行
  • ジョブの並列実行(並列実行数の設定も可能)
  • ジョブチェーンの作成と実行
  • 設定ファイルを自動で読み込むHot Folder機能
  • ジョブの実行や状況を確認するためのWebUI、JOC(JobScheduler Operetions Centre)
  • ジョブやジョブチェーンを作成するためのJava Swingアプリ、JOE(JobScheduler Object Editor)
  • コマンドラインでの操作
  • XMLコマンドによるTCPでのリモート操作
  • Webサービス統合
  • ファイル着信を監視してジョブを実行する機能
  • 豊富なジョブ実行スケジュール設定
  • メール通知
  • ジョブ実行のロック
  • リモートジョブの実行
  • 複数のJobSchedulerの協調動作(ロードバランシング、フェイルオーバー)

採用事例

ドイツ政府や米ノースカロライナ州政府をはじめ、欧米では実績があります。SOS社サイトの採用事例を参照ください。

日本国内では、当社(アルティザンエッジ合同会社)にて製造業のお客様に導入した実績があります。(機器監視システムの一部としてNagiosと併用)