「UMLモデリングの本質」

今日買った本の紹介を1つ。

今、ちょうどモデリングをやらないといけなくて・・・、モデリングは今までも何度もやったけど、どうも自分的に今ひとつ感が拭えず、参考書籍の追加購入に走ったわけで、そこで見つけたのがこの1冊です。

半分くらい読みましたが、これほど、自分的にピタッとハマる本というのは珍しいぐらい、正にドンピシャの本でした。ちょっと泣けてきます。
世の中に多く出ている「UML本」とは、一味も二味も違います。これまた世の中に多く出ている「オブジェクト指向開発プロセス本」とも少々違います。
この本は、「モデリング本」なのです。また、モデリング本というと、どうしても上流のドメインモデリングに特化した内容になりがちですが、きっちり実装のことも念頭に入れた解説が為されている点が秀逸です。この点で、モデリングの勉強をしている人向けはもちろん、自分のような「仕事でモデリングをやっている人向け」になっています。

これ、オススメですよ。

この記事を書いた人

井上 研一

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします