comment 0

ITコーディネータとは何か(1)資格取得を決意する

このブログを読んでくださっている方とか、私とお付き合いのある人などは、私が突然(でもないんですけど)ITコーディネータ資格を取ると言い始めたから、なんだ!それは?と思った方が多いと思います。

たしかに、ITコーディネータという資格は国家資格ではないし、それほど有名な資格でもない。
資格自体も2001年から始まって、まだ14年の歴史しかありません。知られていなくて当然といえば、当然なのかもしれません。

ただ、それでは私も後々困るので、少しでもITコーディネータについて知っていただくために、私に書ける範囲のことを書いていこうと思います。

私とITコーディネータ資格

私自身はといえば、ITコーディネータという資格の名前自体は知っていたのです。でも、それが何をする人なのかはよく分かっていませんでした。

資格を取ろうと最初に意識したのは、去年(2013年)の5月です。ちょうど中小企業診断士の資格を取ろうと思っていて、診断士を取ったITエンジニアの人たちが次に狙っているのがITコーディネータということが多いことを知りました。なので、どんな資格だろうと調べました。

少なくともITコーディネータは、ITエンジニアとしての技術力を問う試験ではありません。もっと経営寄り(というか経営そのもの)なんだなと、ぼんやり感じました。

診断士は日本版MBAといわれるくらい経営全般を扱う資格なので、その中での個性が出しづらいと思うんですね。そこで、よりITに強い診断士であることを示すために、ITコーディネータ資格を考える人が多いのではないでしょうか。

産業能率大学の科目に入っている「ITコーディネータ・プロセス」

次に意識したのは、今年の7月。今年の春から産業能率大学の通信教育課程を受け始めて、経営の勉強をしていたのですが、受講可能な科目群の中に「ITコーディネータ・プロセス」という科目がありました。
これは編入した3年次でもともと配本される科目ではなく、追加履修が必要だったのですが、これを申し込んでみて勉強し始めました。

テキストは産業能率大学の出版局で出している(市販もされている)オリジナルの教科書。ある企業の情報システム開発がストーリー仕立てになっていて、そこでITコーディネータの役割や、ITコーディネータ・プロセス・ガイドラインの定義が紹介されているというもの。

そこに登場するITコーディネータが「経営コンサルタント兼ITコーディネータ」で、ITコーディネータ・プロセス・ガイドラインに沿ったコンサルティングサービスを提供しています。

そのITコーディネータは、少なくもITエンジニアではない。経営の中でどういう風にITを使うか?というのも示唆は与えても、答は出していない(答を出すのは企業自身)。それよりも、経営の中でITを使おうという際の仕事の進め方、考え方を指導し、支援している様子。

【中古】 ケースで学ぶITコーディネータ・プロセス 経営に役立つIT投資を推進できるプロフェッショナルを育成する /産業能率大学情報マネジメント学部ITコーディネ 【中古】afb
created by Rinker

資格説明会に参加する

大学のレポートは書き上げて、ちょうどその単位修得試験を昨日受けて来たところなのですが、それと前後してITコーディネータ資格の取得自体にもチャレンジしてみようと思い、11月に資格説明会に参加しました。

そこで説明会の講師の方が強調していたのは、「黄色い本(ITコーディネータ・プロセス・ガイドライン)の定義に沿って仕事を出来る人がITコーディネータ」ということ。

この説明で、ITコーディネータ資格というのが何なのか氷解しました。
よくある資格のように「知識」を問う試験ではないのです。もっと具体的な「仕事の進め方(プロセス)」を問うもの。

仕事をやるために必要な知識ももちろんあるのですが、それは「前提知識」として「ITコーディネータ実践力ガイドライン」という別のガイドラインに列挙されているに過ぎません。それは、個々人のそれまでのキャリアや、ITコーディネータ資格取得後の研鑽にかかっているというわけです。

資格取得を決意する

ITコーディネータ資格を取得するためには、試験だけでなく「ケース研修」という、ITコーディネータ・プロセスを体験するための研修が必要です。

試験は、ITコーディネータ・プロセス・ガイドラインから出題されます。なので、試験のための教科書というのも、このガイドライン。
1週間かけて、じっくり読み込んでみたのですが、これは教科書というよりマニュアルです。

大学のテキストや、説明会での説明にあったとおり、ITコーディネータ資格を持っている人というのは、ITコーディネータ・プロセス・ガイドラインに書いてあるプロセスで仕事を進められる人。
だから、知識を学ばせるための教科書ではなく、仕事の進め方であるマニュアルになっているのです。

例えば、ある会社に入って初めての仕事を習う時に、最初に座学で仕事の進め方を学び、次にOJT(On the Job Training)で仕事の進め方を実体験しますよね。
あれと同じで、「ITコーディネータ」という仕事を習うための「座学(の成果確認)」が試験であり、「擬似的OJT」がケース研修なのだと思います。

説明会の翌日には資格取得を決意して、試験対策講座とケース研修のセットを申し込みました。
来年1〜2月はケース研修を受け(ケース研修と並行で行われるEラーニングは既に始めています)、2〜3月の試験(CBT)を受け、4月頃には資格を取得している予定です。

まとめ

今回は、ITコーディネータは「ITコーディネータ・プロセス・ガイドライン」に沿った仕事をする人なんだということにを書きました。
そのガイドラインには一体、何が書いてあるのかについて、次回以降に書いていきます。

Filed under: ITコーディネータ

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す