茨城スマートものづくり展示会に出展

今日は茨城県水戸市の茨城県産業技術イノベーションセンターで行われた、茨城スマートものづくり展示及びIoT導入事例報告会に、一般社団法人ITC-Pro東京として出展しました。

IMG_0179.JPG

昨年、RRI(ロボット革命イニシアティブ協議会)の主催で行われたIoTツール・レシピ募集に、ITC-Pro東京として出展したレシピがイチオシに選ばれており、その関係で出展のお声がけをいただきました。

また、その関連ということで、株式会社ビビンコの焼くっチャ君も展示させていただいています。

IMG_0172.JPG

焼くっチャ君はインハウスベーカリー向けのソリューションとして展開していますが、IoTハカリ自体は1g単位での計測ができるため、チラシのような薄い紙1枚でも、きちんと計測できました!

来場者の方との話の中で、新しいアイディアもいただき、さらに進めていきたいと考えています。

ショートプレゼンでは展示物の紹介だけでなく、地域コミュニティから生まれたという、私たちの特徴をご説明しました。茨城県の皆さんにもご参考になればと思います。

ご来場者の皆さん、主催者の皆さん、ありがとうございました。

で、私は水戸から上野に戻って、山形に移動です…。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。