Java開発を変える最新の設計思想「Dependency Injection(DI)」とは

 「DIする」,「Injection(注入)する」──新しい技術に敏感なソフトウエア開発者たちの間で使われている言葉である。DIとは,「軽量コンテナ」を実現する新しい設計思想Dependency Injection(依存性注入)の略称である。同じ概念をIoC(Inversion of Control,制御の反転)と呼ぶ場合もある。「DIする」と言えば開発者の間では通用するぐらいに,この設計思想は注目されているのだ。

IT Pro 記者の眼 – Java開発を変える最新の設計思想「Dependency Injection(DI)」とは

Javaエンジニアとしては、注目の技術。
とかく難しいJ2EE開発を簡単にすることが出来るため、非常に期待しています。
J2EE 5.0と、EJB3.0がポピュラーになる日が待ち遠しいですな。
現時点では、Seasar2とかを使えば、似たようなことは出来るのだと思うけど・・・。実験してみないと、分からないな。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします