コンピュータの価値を考える

miscoreで「一所懸命」という記事を書きました。
私にとっての「一所」は、コンピュータだと宣言しました。
私は、コンピュータの仕事を一所懸命にやれば、自分も高められるし、世界にも貢献できると、思うようになりました。

もう少し、掘り下げて考えてみたいと思います。(それは、自分の持ち味だと思っています。)
コンピュータは、何の役に立っているのだろう、ということです。
つまり、コンピュータの価値です。

私は、若干、猜疑心が強いのか何だか分かりませんが、自分が一所懸命にやるものが、「本当に」世界に貢献できるのかを確認しておきたいのです。
そこを考えておくことで、自分の中に価値判断の土台が作れるし、モチベーションにもつながるからです。

これは、しばらく考えるべきネタなので、数回にわたる記事にしたいと思います。
とりあえず、この記事はネタフリです。

コメントを残す