comment 0

一所懸命

昨日のB.B.L.で、美勇伝の三好絵梨香ちゃんが、好きな言葉として「一所懸命」を挙げていました。
これは、以前からずっと言っていたことを知っているのですが、昨日は、好きな理由についても、色々と話していました。
「『一所懸命』は、一つ一つを頑張る。ずっと頑張り続けたら疲れるので、一つ一つを確実に頑張るということ。」
今日の朝になって、もう一度、この「一所懸命」という言葉を思い出し、自分なりに考えてみたのです。
ひょっとすると、自分の人生を変えてしまうのではないか、という言葉に出会ったのかも知れないと思いました。
ちょうど、こないだ読んだ本に、稲盛和夫氏の「生き方」というのがあります。他にも、中谷彰宏氏の本も、相変わらず読んでいます。
そこから読み取ったメッセージは、「仕事のために自分を高めるのではなく、自分を高めるために仕事がある」ということ。
特に稲盛氏の本は、仕事に打ち込むことの重要さが強調されています。
そうしたバックボーンがあって、「一所懸命」という言葉を振り返ると、それは「選別」です。
何に対してでも頑張るのではありません。
それでは、三好絵梨香ちゃんの言うとおり、疲れてしまいます。
そもそも、何にでも頑張った時に、本当に一つ一つのことを確実に頑張れているのかは疑問です。
人間は、神様ではありません。
だから、頑張るものの選別が必要です。
その一所が、仕事なのではないか、と思うのです。
世界には55億もの人がいます。
だから、一人が一つだけ、自分の仕事を確実に頑張れば、それで、十分、世界に貢献出来ていると言えるのではないでしょうか。(私は、人間は何か貢献するために生きていると思っています。)
なにしろ、その方が効果的です。
「自分にとっての『一所』とは、何なのか」を考えました。
それは、コンピュータです。
私は、幸いにして、一所が仕事になっているのです。
これは、非常にHappyなことです。
私は、子供の頃からコンピュータを触ってきました。
初めてパソコンを買ったのは小学校5~6年生頃でしたし、その前にはワープロを使っていました。もっと前には、地元の区役所にあるキャプテン端末を嬉々として触っていました。
学生時代にも紆余曲折あったものの、結局はコンピュータ系の専門学校に行き、そのままコンピュータ系の会社に入り、今はSEをやっているのです。
昔、好きだった谷村有美の曲に「好きこそものの上手なれ」というのがあります。
好きな曲でしたし、そのタイトルも好きな言葉です。
私の人生を振り返ると、コンピュータは「好きこそものの上手なれ」を地で行くパターンです。
しかし、最近になって、「好きこそものが上手じゃない」ようになったと思い始めていました。
要するに、コンピュータに対して懸命でないのです。
では、他に何をやるのか…。
考えてみると、法政通教を始めたのも、コンピュータではない何かを探すためだったような気がします。
そんな中、出会ったのが、昨日の「一所懸命」なのです。
もう一度、コンピュータを「一所」にすべきではないか、そう思ったのです。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す