BPELとマッシュアップ

“複数のWebサービスを統合すると言っても,マッシュアップとBPELとの間には本質的な違いがあります。両者の併用と使い分けに際しては,必ずしも業界慣行にとらわれる必要はありませんが,耳学問でなく,技術の性質を見極めて適切に選んでいくことが肝心,と言えるでしょう。”

BPELもマッシュアップの一種?
 4/11に,「エンタープライズ・マッシュアップ」というテーマでXMLコンソーシアム Web2.0勉強会の第2回ミーティングを開催しました。講演内容はこちらです。勉強会といっても,4月初めの時点での最先端の情報,見解,そしてXMLコンソーシアム発のアイディアをプロト...

「耳学問ではなく…」というのは、重要なことです。自戒。

もし、マッシュアップが結び付けられた素材が見えるものとするならば、BPELは内部が完全に見えなくなるので、BPELはマッシュアップの一部とは言えないとのこと。

ただ、そうなると、複数のWebサービスを何らかの方法で結びつけて、新たなWebサービスを作っていくという、ネットワーク上でのコンピューティングのやり方については、それを意味する言葉が必要になりますね。
「Web 2.0」では大きすぎると思うし、故に「マッシュアップ」という言葉を便宜的に用いているシーンもあるように思います。

Follow me!

コメントを残す