XOOPS版WordPressを少しイジるための基礎知識

のぶのぶさんによってXOOPS版のWordPressの最新版が配布されたのが、2006年1月のことであって、もう遥か昔なのですが、今から使い始める or 使ってるけど詳しく知らないあなたのために、少しイジるための基礎知識。
ま、私なんかも本格的に使い始めたのは、2007年の夏あたりです。

#2006年1月に配布されたパッケージで、ふつうにブログをやる分には支障がないということは、ブログの基本技術自体は既に枯れているってことですねぇ…。

好きなところにPingを打つには?

WordPressオプションに「use_weblogsping」という設定項目があります。これをtrueにすると、とりあえずweblogs.comにはPingが打たれます。
しかし、もっと他のPingサーバにPingを打ちたいですよね。でも、画面のどのオプションを開いても、PingサーバのURLを入力できそうなテキストボックスがない…。

そんなあなたは、/modules/wordpress/themes/xxx/wp-config-custom.phpを見てみましょう。なんか、それっぽい配列がありますよ。

イジるんだけど、ログが取りたい

なかなかPHP知識のあるあなたは、いろいろとソースをイジってみたくなるでしょう。
そんなあなたは、/modules/wordpress/wp-config.phpにwp_debugというグローバル変数がありますから、それをtrueにしましょう。
そして、デバッグログを取りたいソースの箇所に、logIO(‘O’,’ログの内容’);と書いてみます。そうすると、デフォルトでは、/modules/wordpress/log/の下にログファイルが出来ます。
ちなみに、logIO()は、/modules/wordpress/wp-include/functions.phpにあります。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。