Windows Server 2012にSOS JobSchedulerをインストールする

昨日、Windows Azureへのインストール方法を紹介したWindows Server 2012ですが、今日はSOS JobSchedulerをインストールを紹介しようと思います。

このブログでは盛んに取り上げているSOS JobSchedulerですが、オープンソースのジョブ管理システムです。開発したSOS社のあるドイツでは政府機関や金融機関などで豊富な事例を有しています。
いままではCentOSに導入した場合の紹介をしてきましたが、Windowsでも動作するのです。

Java

Windows Server 2012へのインストールと言っても、やることはLinux版と変わりません。
今回使ったAzure上のWindows Server 2012は64bit版です。しかし、今のところJobSchedulerは32bit版しか提供されていないので、JDKは32bit版のOracle JDK 1.7.0_11にしました。

Oracle JDKのダウンロード

JobScheduler Windows Server 2012 01

あらかじめ、環境変数としてJAVA_HOMEを(念のためJRE_HOMEも)設定しておきます。

MySQL

JobSchedulerは何らかのデータベースを必要とします。今回はMySQLをXAMPPでインストールしました。(せっかくのWindows環境なのでSQLServerの方が良かったですかね・・・)

MySQL Connector/J(JDBCドライバ)もダウンロードしておきます。

JobScheduler Windows Server 2012 02

あらかじめ、JobScheduler用のユーザとデータベースを作成しておきます。

JobScheduler

JobSchedulerのダウンロード、インストールは、CentOS版について書いたこちらの記事と同じなので、参照してください。

インストールが終わると、Windows版はサービスとして登録され、起動しているはずです。

JobScheduler Windows Server 2012 03

JOE(JobScheduler Object Editor)

こちらの記事では、64bit版のOSで動作させるには64bit版のJavaとSWTが必要と書いたのですが、32bit版のJavaとJobSchedulerに同梱のSWTでふつうにJOEが動作しました・・・。

JobScheduler Windows Server 2012 04

ここまで来れば、あとはLinux版と同じように使えますね。お疲れ様でした。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。