人工知能・IoT

さくらのIoT Platform βを試してみる(その2)+Grove Startar Kit for Arduino

IMG 0059

前回の記事「さくらのIoT Platform βを試してみる(その1)」からしばらく日が空いてしまいましたが、続編です。

前回は、Arduinoにひととおりセットアップして、1から順にカウントアップした値をさくらのIoT Platformに送り続けるだけというところまで試しました。その後はセンサーだなという話で、いろいろやっていたのですが、ちょっと楽をすることにしました・・・。

Groveって何だ?

Arduinoにセンサーを付けてみようというと、ハンダごてを使う以外の方法では、ブレッドボードを使うのが一般的だと思います。

IMG 0026

こういうやつですね。

これはこれで試していたのですが、もうちょっと楽な方法・・・ということで、秋葉原のマルツとかをぶらぶらしていたら、Groveというのをみつけました。

IMG 0055

こんなやつ。緑の箱の方ですね。
その横に置いてあるのは、前回の記事で組み立てたArduino+さくらのIoTシールドです。

IMG 0056

緑の箱を空けると、こんな感じでセンサーやらアクチュエータが入っています。液晶ディスプレイも1つ入っていますね。

こういうセンサーとかの盛り合わせはよくあるのですが、Groveの特徴はそれぞれのセンサーとかが基板になっていることです。

IMG 0057

こんな感じで、GroveのベースシールドをArduino(実際にはさくらのIoTシールド)の上に乗っけます。ベースシールドは、緑の箱の液晶ディスプレイの下に入っていました。

IMG 0058

で、ベースシールドとセンサーとかをケーブルで接続すれば、これでOK。ブレッドボードいらずで、とっても楽です。

お店(マルツ)で見てみると、Grove対応とかGrove互換のセンサーとかがいろいろ売っていて、よさげです。センサーだけを買うよりも高いことは高いのですが、これなら不器用でも失敗しなさそう・・・という安心感があります。安心料ですね。

スケッチを作る

Grove Startar Kitのサイトでは、いろいろと説明されていますし、公式のGitHubにはサンプルスケッチのプロジェクトがあります。

その辺を参考にしながら、気温センサーと照明センサーを取り付けて、さくらのIoTに送るようにしてみました。

Sakura websocket grove

例によって、さくらのIoT PlatformのコンソールからWebSocketで受信データを見てみます。

チャンネル0が気温、チャンネル1が照明です。気温はこの部屋そんなに寒かったっけ?という気がしないでもないけど・・・。照明の方は0〜1000の値で出るようです。

いずれにせよ、ちゃんとセンサーで値を取って、さくらのIoTを使ってデータを送信できることが確認できました。

ここで使ったスケッチは、私のGitHubにアップしてあります。

次は?

センサーデータを転送することは確認できたので、次はどこからのクラウド環境で蓄積するようにして、見える化をしたり、できれば何か機械学習的なことができればなーと思っています。

ピックアップ記事

  1. 拙著「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミング」各オンライン書店で…
  2. IBM Watsonの入門書「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミ…

関連記事

  1. 人工知能・IoT

    HTML5モバイルアプリDAYで「初めてのWatson」ハンズオンを開催しました

    昨日(2016年11月14日)、秋葉原UDXギャラリーで行われ…

  2. 人工知能・IoT

    さくらのIoT Platform βを試してみる(その1)

    さくらのIoT Platform βのLTEモジュールとArduino…

  3. 人工知能・IoT

    IoTでの新サービスを活用法と変化のマトリクスで考える(1)

    1月に行ったセミナーで、IoTやビッグデータ、人工知能といったIT技術…

  4. 人工知能・IoT

    「初めてのWatson」ハンズオンセミナーを開催しました

    昨日、日本IBMさんの箱崎事業所内にあるIBMイノベーションセ…

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    京王駅伝フェスティバル2016に参加しました
  2. 散文

    2016年はチャンスの年、2017年は勝負の年
  3. 人工知能・IoT

    「初めてのWatson」ハンズオンセミナーを開催しました
  4. 人工知能・IoT

    第4次産業革命の担い手育成プロジェクト発足!
  5. 人工知能・IoT

    IBM BlueHub インキュベーション・プログラムのメンターになりました
PAGE TOP