人工知能・IoT

AIは使ってみないと分からない

16403122 1247989041953082 2525134945692276193 o

ITコーディネータを中心に「第4次産業革命の担い手育成プロジェクト」が発足して、1回目の具体的な活動となる勉強会を昨日、開催しました。

最近、岩崎学園情報科学専門学校様で開催したセミナーや、私が長く講師を務めているTECH GARDEN SCHOOLでもIBM Watsonを実際に触って、体感してみる、という講座を開催しています。

昨日も、それと同様の講座となりましたが、さすがにITコーディネータのみなさんは、ITや経営に関する経験をいろいろとお持ちです。体験の後に行う議論の方向が企業経営に向いていきます。特に、AIを使ったシステムの開発が、今までのITシステムの開発とは勝手が違うと、体感としてご理解いただけたことは良かったと思います。

AIを体験すればAIが自分ごとになる

AIの体験というと、せめてPythonは・・・、できればTensorFlowも・・・と、より技術的な内容に走りがちです。それはそれで重要で、私自身もそうした学習を深めているところですし、講演の中でもAnacondaでも入れて、Pythonに触れてみましょうという話もしています。そもそもWatsonのようなクラウドAIではできないこともあります。

でも、そこまでは・・・と壁に感じる人が多いのも事実です。
これまでのセミナー等で感じたことは、WatsonでNLC(Natural Language Classifier)のデモをやるだけでも、意味があるということ。ちゃんと自分でデータを作って、自分だけの学習モデルを作って・・・と、機械学習の一連の体験になるので、AIが「自分ごと」になるのです。

ニュースや本などを見るだけの耳学問、目学問では「AIは万能だ!」と思ったり、逆に「そんなこといっても、どうせAIは実用にはならない」とたかをくくったり、はたまたシンギュラリティだ!人間が滅びる!!と恐怖におののいたり・・・ということになってしまいます。

それが、ちょっと体験するだけで、「AIって凄いけど、AIだけで何でもできるわけではない」と感じてもらえるのです。それで、やっと「ではAIをどうやって産業に適用しようか」という、冷静な議論ができるのではないでしょうか。

そうした体験をできる研修などの企画が進んでいます。公開できるようになったら、またお知らせさせていただきます。

ピックアップ記事

  1. 拙著「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミング」各オンライン書店で…
  2. IBM Watsonの入門書「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミ…

関連記事

  1. 人工知能・IoT

    IBM Watsonの入門書「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミング」を10月末に出…

    いままでは内々にしかお伝えしていませんでしたが、Amazonに…

  2. 人工知能・IoT

    「AIとIoTで日本を変えよう!」を考える

    最近、何度か拙著「初めてのWatson」にサインを書くというこ…

  3. 人工知能・IoT

    さくらのIoT Platform βを試してみる(その3)データの蓄積

    前回の記事では、Arduinoで取得した気温と照明のセンサーデータをさ…

  4. 人工知能・IoT

    SoftBank World 2016:人工知能は経営者の判断で推進すべし

    SoftBank World 2016の1日目の基調講演から、孫正義氏…

  5. 人工知能・IoT

    第4次産業革命の担い手育成プロジェクト発足!

    1月7日に中野ICTCO(中野区産業振興推進機構)で主にITコーディネ…

  6. 人工知能・IoT

    WatsonでBotを作るならDialogが良いのか他が良いのか

    (追記)Dialogは非推奨となり、代替サービスであるConversa…

最近の記事

アーカイブ

  1. 人工知能・IoT

    IBM BlueHub インキュベーション・プログラムのメンターになりました
  2. ITコーディネータ

    第5回ITC-Neo研究会でIT経営ロードマップの2016私家版を発表しました
  3. ITコーディネータ

    ITコーディネータ多摩協議会で講演を行いました
  4. お知らせ

    中野にぎわいフェスタにロボットプログラミング体験を出展しました
  5. IT経営・ビジネス

    ロボットやIoTでリアルの世界でロングテールを市場化する
PAGE TOP