AWS IoTで受信したメッセージをDynamoDBとS3に保存

次は、DynamoDBとS3に保存するルールを作成します。

AWS IoTで受信したメッセージをKinesis Firehoseで扱う
前回の記事でRaspberry Piで作成したIoTデバイスからAWS IoTにセンサーデータを送信する仕組みを作りました。今回は、そのセンサーデータをKinesis Firehoseを使ってS3に格納してみましょう。AWS IoTからS3へのメッセージの格納は別にKinesis Firehoseを使う必要はな...

先ほどのKinesis Firehoseの時と同じようにルールを作成し、アクションとしてDynamoDBとS3の2つを作ります。

DynamoDB

まず、DynamoDBです。

あらかじめDynamoDBに下記の設定でテーブルを作成します。

今回のデータは下記のようなものなので、プライマリキーとしてserial_no、ソートキーとしてtimestampを指定しました。

{"sound": 385, "light": 3.3203125, "serial_no": 1001, "temp": 26.273446579320307, "timestamp": "2018-07-14T03:16:21.181605+00:00"}

AWS IoTのルール作成画面では、テーブル名、ハッシュキー、レンジキーを指定します。ハッシュキーはDynamoDBのテーブルのプライマリキー、レンジキーはソートキーとなります。ハッシュキー値として、${serial_no}${timestamp}のように指定すると実データの中から値を抽出してセットしてくれます。

あとはAWS IoTからDynamoDBにアクセスするIAMロールを作成し、指定すると、DynamoDBにメッセージが書き込まれるようになります。

S3

S3は、バケット名とキーを指定します。キーは、${topic()}/${timestamp()}.jsonのようにすると、トピックとタイムスタンプを使ったキーが生成され、その名前で保存されるようになります。

このように保存されます。

Follow me!

コメントを残す