AWS IoTで受信したメッセージをDynamoDBとS3に保存

次は、DynamoDBとS3に保存するルールを作成します。

[blogcard url=”https://inoccu.com/blog/2018/07/14/124303.html”]

先ほどのKinesis Firehoseの時と同じようにルールを作成し、アクションとしてDynamoDBとS3の2つを作ります。

DynamoDB

まず、DynamoDBです。

あらかじめDynamoDBに下記の設定でテーブルを作成します。

今回のデータは下記のようなものなので、プライマリキーとしてserial_no、ソートキーとしてtimestampを指定しました。

{"sound": 385, "light": 3.3203125, "serial_no": 1001, "temp": 26.273446579320307, "timestamp": "2018-07-14T03:16:21.181605+00:00"}

AWS IoTのルール作成画面では、テーブル名、ハッシュキー、レンジキーを指定します。ハッシュキーはDynamoDBのテーブルのプライマリキー、レンジキーはソートキーとなります。ハッシュキー値として、${serial_no}${timestamp}のように指定すると実データの中から値を抽出してセットしてくれます。

あとはAWS IoTからDynamoDBにアクセスするIAMロールを作成し、指定すると、DynamoDBにメッセージが書き込まれるようになります。

S3

S3は、バケット名とキーを指定します。キーは、${topic()}/${timestamp()}.jsonのようにすると、トピックとタイムスタンプを使ったキーが生成され、その名前で保存されるようになります。

このように保存されます。

この記事を書いた人

井上 研一

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします