HPがコンパックを吸収合併

昨日、激震が走ったHP(ヒューレット・パッカード)によるコンパックの吸収合併。都合、IBMに次ぐ第2位のコンピュータメーカーとなりました。ちなみにパソコンでは1位。日本では、どっちもあんまり・・・といった感じですが(プレサリオが売れてるかというと?だし、HPは超格安のパビリオンを出したばかり)、世界では間違いなくビッグプレーヤーです。

各ニュースでは、およそ「IT不況を勝ち残るために体力をつける必要があった」という論評ですが、TX系のワールドビジネスサテライトのコメンテーターの高橋進氏は一歩、踏み込んだ発言がありました。

ちょっと細かい話は忘れてしまったのですが、「マイクロソフトやサン、IBMに対抗・・・」という話がありました。こういった会社名でピンと来るのは、XML、B2B・・・。

マイクロソフトの.NET、サンのJavaソリューション、IBMのWebSphereファミリー・・・これらが目指している世界が、まさしくB2Bを主戦場としたXMLベースのビジネスフレームワークを作り上げることです。HPもBluestoneという似たような構想があるのですが、いまいち盛り上がりに欠けます。

B2Bのビジネスフレームワークを作り上げ、勝者となるためには自社のフレームワークに多くの会社を引き込む、大変な努力が必要です。真っ先に普及させた会社が勝者になると思われ、世界のビッグプレーヤー同士の体力勝負になると予想されます。

盛り上がりに欠けるBluestoneで勝負をかけるしかないHPにとって、マイクロソフト、サン、IBMに対抗するには、とにかく体力が必要だったのでしょう。そしてコンパックを選んだ・・・。

ところで、日本の雄、富士通がINTERSTAGEファミリーで、この市場に参入しようとしています。果たして・・・。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします