comment 0

若松を思い出す

いろいろとWebを見回っていると、思わず地元の写真とか情報に行き当たり、しばらく見入ってしまいました。
私の地元は、福岡県は北九州市の若松というところで、そこで東京に出てくるまでの20年を過ごしたわけです。
サイトを見ていると、意外に若松出身のサッカー選手がいるんですね。私はスポーツを観るというと野球かバレーなので、全然知らなかった・・・。たしかに、小学校でも中学校でも体育というとサッカーをやらされたことは覚えているんだけど。基本的にスポーツは出来ない人(せいぜい泳げるくらい・・・)なので、あんまし良い思い出もないし。

あと、北九弁は懐かしい。東京に来てすっかり標準語の私ですが、地元に帰ると何となく出るんですよね。「こまめて」とか「きなみ」とか。あと、ジャージのことを「ジャッジ」って言ってたな確かに・・・。

若松探検隊
北九州地域向上委員会
藤井毅宏のHobby Graffiti

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す