Oracle JDeveloper 10gを買う

ソースネクスト・ドットコム

1年使えて1980円で話題のJ2EE開発環境、Oracle JDeveloper 10gを買ってみました。
インストールは、ZIPファイルを解凍するだけと実に簡単。
半日程度使っていましたが、「なんか凄いなぁ」という印象。
凄そうと思うのは・・・

  • Strutsによる開発が完全に統合されている。
  • struts-config.xmlをGUIで書けたり、それが開発の始点になっている。
  • DB接続を管理できる。
  • SQLを投げるコンソールがあったり、テーブル構造が見られる。
  • テーブルのドラックアンドドロップでクラスが出来る。
  • OracleのRDBでなくても、JDBC接続できるRDBなら大体OK。
  • ORマッピングが統合されている。
  • ORマッピングがViewまでつながっている。

今のところ、わずか半日で気づいたのがこれくらい。まだまだ奥が深そうなので、すべての機能を使いこなすのは、おそらく無理だろうと思います。

ただ、全体的に気になるのは、Oracleが持っている技術に「どっぷり」というところ。楽に開発できるのは結構なことだし、楽するためには何らかの技術の裏づけが必要で、その裏づけをOracleが提供している・・・従って、Oracleの技術に依存する部分が大きくなってしまうのはやむを得ないとは思います。
結局、このツールで「楽をして」開発したアプリは、本番環境ではOracleのアプリケーションサーバやRDBを要求するのではないかと思うのです。そこは不安。

まだ、この点はきちんと確認していませんが・・・。確認したら、また記事にします。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします