スタートアップスクリーンを変える

14日に始めて、毎日、記事を投稿していたのが、ここ数日止まっているのは、リナザウを使わなくなったからではなくて、環境構築が一巡して安定したからです。
以前はとりあえず入れて、ちっとも使わないソフトが多かったのですが、今回はソフトを入れたら記事にするという義務を自分に課したので、とりあえず入れるソフトが大幅に減りました。案外、常用するほどのソフトは少ないものですね。それに、欲しいと思ったら作る習慣が根付きつつあって、なおさらです。

さて、小ネタですが、スタートアップスクリーンを変える方法。起動時に「1分ほどお待ち下さい」と言われるアレです。1分待つのなら、味もそっけもないZaurusロゴを見続けるより、ハロプロメンでも見ましょうってことです。

スタートアップスクリーンの変更は簡単。/home/QtPalmtop/pics144/Startup_screen.bmpがそれで、ROMへのシンボリックリンクになっているので、バックアップを取っておいて、希望のスタートアップスクリーンファイルへのリンクに張り直します。同じファイル名で画像ファイルそのものを置いてしまっても問題ないですね。
ポイントは画像をVGAサイズのBMP形式で保存しておくこと。さらに重要なのは時計回りに90度回転させておくことです。

こうやって、少しずつ自分色のリナザウに染め上げていくのですな。

コメントを残す