comment 0

ソフトバンクがツーカー買収に名乗りとの報道

“日本経済新聞は1月15日付けで、携帯電話事業への参入を目指すソフトバンクが、KDDI子会社・ツーカー3社の買収に名乗りを上げたと報じた。”

なかなか携帯事業参入が捗らないソフトバンクですが、ツーカー買収すれば手っ取り早い。
ソフトバンクの熱望している800MHzではありませんが(ツーカーは1.5GHz)、それはボーダフォンも同じだし。
ただ、最近のツーカーはある程度年齢の高い人向けの戦略で、そこそこ上手くいきつつあるようなので、ソフトバンクが買収した時に、その戦略は継続されるのでしょうか。
まぁ、そもそも本当に買収があるのか、今までもツーカーにはいくつかの買収報道があったものの、すべて現実にはなってないので、今回も・・・?

Filed under: ビジネス・経営

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す