「Rio」ブランドのMP3プレーヤー、全世界での販売を終了。

“「iPod」の成功の陰に隠れ、存在感を発揮できずに淘汰される老舗ブランド。それが市場経済の常であるとはいえ、やはりブランド自体が消えてしまうのは寂しいものがあるなり。さよなら「Rio」、楽しい想い出を有り難うなり……。”

「Rio」ブランドのMP3プレーヤー、全世界での販売を終了。 Narinari.com

自分は、初めて買ったMP3プレーヤーがRio PMP300で、その後はSONYやらCreativeやらに移り、少しだけiPodにも行って、今はGigabeatを使っているわけで・・・。
当時はメモリが32MBしかなくて、10曲入るかどうかという貧弱さだったものの、それでも便利だったなぁと。

Narinari.comと同じ感想になってしまいますが、これが市場経済というものですね。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします