ところで自宅LANのホスト名

最近になって自宅LANの接続ホストが増加傾向で3台になりました。
もともとPCしかなかったところに、玄箱Debianが復活し、さらにZaurusも。

ところで、うちの自宅LANのホスト名にはしきたりがあります。
それは「pumpkin」というホストが必ずあること。まぁ、かぼちゃなわけですが、当然、マコっちゃんの影響なのです。小川麻琴=かぼちゃですから。
だいたい、その時点のメイン機かお気に入り機に振られます。
現時点では、メイン機のFMV-C600がpumpkin。

玄箱には「soybean」という名前がついています。大豆なんですが、そのココロは「green soybeans」で、枝豆。梅さんの影響。梅田えりか=枝豆。

そしてZaurusには、どんな名前をつけるか。前は大阪にちなんでbillikenとつけていましたが、pumpkinやsoybeanのように、ハロプロメンバーでおなじみの野菜系の名前に揃えたいと思う次第。みーよにそういう何かがあれば即決なのですが、今一つ思い当たらないし。そこで登場したのは、なっきー。中島早貴=みかん。というわけで、Zaurusには「orange」という名前がつきました。
Zaurusは/home/QtPalmtop/pics144/Startup_screen.bmpを置き換えると、起動画面を変えることが出来ます。そこで、こんな起動画面になりました。

ところで自宅LANのホスト名

Hello! Project DVDマガジン Vol.8で、なっきーが描いたみかんの絵を採用。静止画キャプチャして、Photoshopであーだこーだして、作りました。なっきー、密かに大活躍なのです。

この記事を書いた人

井上 研一

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします