comment 0

歌彦さんが真打ち昇進するそうで

4代目三遊亭歌奴を10月の真打ち昇進と同時に襲名するのは、三遊亭歌彦(30)=写真。歌奴は歌彦の師匠で落語協会前会長、3代目三遊亭円歌が「授業中」や「浪曲社長」といったネタで人気を博した若いころに名乗った名前で、円歌が「今でも歌奴と声をかけられる」と話すほど落語ファンにはなじみ深い名前だ。3代目が16年に死去して2年半たった昨年の暮れ、円歌から「がんばったら(歌奴を)継げるんだから」と、事実上の打診を受け襲名が決まった。
リンク: 落語家襲名ラッシュ 名跡復活さて実力は!?(産経新聞) – goo ニュース.

三遊亭歌彦さんといえば、@niftyのぽっどきゃすてぃんぐ寄席にも度々登場しているので、ご存知の方も多いと思う。

私も、ぽっどきゃすてぃんぐ寄席で知って、たまたま新宿末廣亭で東京の寄席を初めて見たとき(東京の…といっても、それまでに大阪で天満天神繁昌亭で見た1度きりだが)に、たまたま歌彦さんが出ていて、ちょいとばかし贔屓にしている(まぁ、単に好きってことですよ)人なのだ。

ぽっどきゃすてぃんぐ寄席に出るくらいだから、身分は二つ目。私はあまり落語に詳しいわけではないが、「へぇ~、こんなに面白くて風格もあるのに真打ちじゃないのか」と思ったもの。まぁ、風格は体格ゆえかもしれないけど。でも、落ち着きが感じられる芸なのだ。

そんな歌彦さんが晴れて真打ちに昇進。4代目歌奴を襲名するとのこと。
なんとなく嬉しくて、書いてみました。

Filed under: バラエティ

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す