WordPressテーマの選び方・作り方 (2) 無料で公開または有料で販売されているテーマを使う

昨日は、WordPressをインストールすると自動的に入るデフォルトテーマを使う方法について書きました。

デフォルトテーマも決して悪くはないのですが、気になることがないでもありません。

  • もっとオリジナリティのあるテーマを使いたい
  • AdSenseなどの広告を掲載したい

こういうことを思うようになると、デフォルトテーマではない選択肢を探し始めたくなります。
特に広告については、デフォルトテーマでもウィジェットなどを使って掲載できないわけではないのですが、きちんと収益につなげることを考えると、広告のことがきちんと考えられたテーマの方が良いように思います。

無料のテーマはWordPress.orgテーマディレクトリから探す

Theme directory

WordPressのテーマを無料で公開しているサイトは、ちょっと検索するとたくさん出てきます。自身で公開はしていなくても、紹介をしているサイトもたくさんあります。
ただ、無料のテーマは場合によってはセキュリティに問題があったりするケースもあるようですので、注意が必要です。ある程度有名なものなら、大丈夫だと思いますが・・・。

最も簡単で安心なのは、WordPress.orgテーマディレクトリから探すことです。
WordPressの管理画面から、外観>テーマ>新規追加と選択すると「テーマを追加」という画面が表示されますので、ここからWordPress.orgテーマディレクトリで公開されているテーマを検索することができます。
気に入ったテーマを見つけたら、すぐにインストールすることが出来るのも便利です。

WordPress.orgテーマディレクトリで公開されているテーマは、高品質のものが多いのですが、最も安心出来るのはAutomattic社が公開しているテーマでしょう。Automattic社はWordPressの提供元なので、まさに折り紙付きのテーマと言えるでしょう。

WordPress.orgテーマディレクトリからテーマを検索する際に一つ気をつけたいのは、それがほとんど海外製のテーマだということです。
スクリーンショットやデモサイトを見ると随分格好良く見えても、それが英語の表示を前提にしているから・・・ということもあります。いざ、自分のブログに適用して、日本語で表示してみると、こんなはずでは・・・と思うことも、なきにしもあらずです。

広告掲載やSEOが考え抜かれている「無料」テーマ

日本製で、広告掲載やSEOが考え抜かれているテーマ、しかも無料となると、あまり選択肢がないのですが、最近、使用しているブログをよく見かけるのはStinger3です。

Stinger3

  • Google Adsense広告が3つ掲載できる
  • TOP画像や背景色といったブログのカスタマイズが管理画面からできる
  • SNSボタンが表示できる
  • PAGE TOPボタンが表示できる
  • 関連記事が表示できる
  • ページャーが表示できる
  • 追尾式自動広告に対応している
  • スマートフォンでの表示に対応している

公式サイトで紹介されている特徴を抜き書きしただけですが、これだけの機能に対応していると、ブログサイトの構築はかなり楽になります。
その多くの機能はプラグインを導入することで、他のテーマでも対応できるのですが、導入プラグインが増えてくると、どうしても他のプラグインとの衝突問題が起きたり、ブログの表示速度が遅くなるということもありますので、テーマ内の機能で対応できれば、それに超したことはありません。

広告掲載やSEOが考え抜かれている「有料」テーマ

有料でも良いとなってくると、選択肢は広がります。
しかし、日本語表示のことを考えて、日本製で・・・となると、実はそれほどありません。

当ブログでもつい先週まで使っていた、WordPress Theme TCDは、高機能・高品質でお勧めです。価格は5,000円〜10,000円程度と安くはないのですが・・・。
実は、一旦デフォルトテーマに戻した当ブログも、またTCDに戻ろうかと考え中だったりします。

TCDと一言で言っても、それはブランド名であって、現時点で12個のテーマを販売しています。その12種類がただの配色違いとかではなく、全然違う12個なので、選ぶのは大変です!

ブログ向けで特にお勧めなのは・・・

Blogpress00

BlogPress(当ブログの先週までのテーマがまさにこれでした)

Affiliatenews

AffiliateNews

といったところではないかと思います。

例えば、BlogPressの特徴は以下のようなものです。(公式サイトから引用)

  • 2カラム(サイドバー左、右)、3カラム(サイドバー両端、右2列)に対応
  • レスポンシブ対応
  • スマホ専用ウィジェット搭載
  • 広告固定表示機能を実装
  • 詳細ページの広告挿入機能
  • アイキャッチ機能対応
  • メニュー数によって変化する横幅可変型グローバルメニュー
  • フッター3列
  • 1カラム固定ページ(+「幅が狭いVer」も)搭載
  • パンくずリスト搭載
  • ロゴの切り抜き、配置調整機能搭載
  • サムネイル画像と同時に表示する独自ウィジェット「おすすめ記事」搭載
  • 広告バナースペースを複数用意
  • サイトカラー一括変更機能
  • サイドバーの左右配置入れ替え機能を搭載

TCDテーマはトップページに色々なコンテンツを盛り込めるようになっているものが多いので、テーマを買ってみては良いけれど、そんなにコンテンツがないよ・・・と思ってしまうこともあるかもしれません。(そういう人は、BlogPressがシンプルなので良いかも。)

まとめ

ということで、公開・販売されているWordPressテーマは世界中に無数にあるので、選ぶのは大変です・・・。
その中でも、私が重視しているポイントを挙げておきます。

  • できれば、日本製テーマ
  • (広告掲載するなら)広告掲載スペースが準備されている
  • サムネイル画像を効果的に使っている(サムネイル画像を表示するとブログが華やかになるので)
  • レスポンシブ対応またはスマホ表示対応
  • 通常はプラグインで実現するような機能をどの程度搭載しているか

といったところです。ぜひ、参考にしてください。

さぁ、このブログのテーマもどうにかせねば!

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします