なんばで一人焼肉!「かんてき焼肉 南一園」

「一人焼肉」というのは、楽しいようで、寂しいようで・・・。
一人飲みにはすっかり慣れた私でも、焼肉ばかりはなかなか敷居が高いのです。

南一園

でも、旅先なら!一人旅なんだから、一人焼肉でも良いよね!と自分を納得させて、大阪に行ったときの定番になっているのが、なんばの南一園です。

IMG_0905

難波センター街商店街の中にあります。
南海難波駅からは歩いて3分くらい。なので、帰りのジェットスターに乗るために関西空港に行く前に、ここでシメの食事をすることが多いんですね。

店構えはなかなか趣があって、一見でも入って良いのかな?という雰囲気ですが、1階のカウンターの様子が外からでも見えるので、入ってしまいます。

かんてき焼肉

IMG_0900

席に着くと、出されるのはこれ。かんてき。東京だと七輪ということが多いですよね。

もう、ビールが置かれてますけど。。。

あと、たれも出てきます。醤油ベースのたれで、最初からたっぷりネギが入っています。カウンターにはコチュジャンとおろしニンニクが置いてあるので、自由に入れて、味の変化を楽しむことが出来ます。

焼肉盛り合わせ

IMG_0105

私はだいたい、この焼肉盛り合わせを注文します。ロース、カルビ、ハラミの盛り合わせで200gです。2,050円。ちょっと贅沢。

あと、箸休めのキムチも。キムチは大350円・小200円があって、私は小で充分。

他に、ホルモン盛り合わせ(250g 1,650円)や単品、テールスープもあります。
ビビンバもありますが石焼きではない普通のビビンバなので、石焼きの熱々おこげとかを楽しみにするのは門違い。

食す。

IMG_0902

この写真を前にして、書く文章は思い当たらない。。。

まとめ

ということで、一人で入って、かんてきで焼いた焼肉を楽しめる南一園。
また大阪に行ったときには、きっとこの店に入ることでしょう!

ちなみに、南一園の目の前に、立ち飲みの赤垣屋があります。赤垣屋についてはまた書きますが、焼肉で満足して、ビールも飲んでほろ酔いという時に、目の前に立ち飲みがあると、入っちゃうんだよなぁ・・・。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。