昨日の「1時間でITの流行を理解する」セミナーの資料を公開しました

DSC_0004-768x432

昨日、目黒にあるImpact Hub TokyoでTechGardenSchool主催のセミナー「1時間でITの流行を理解する」があり、登壇しました。

テーマは、IoT、ビッグデータ、機械学習、フィンテックなど、最近のITのキーワード(バズワード?)を一気に説明するというもので、正直、無茶ぶりだなぁと思った次第ですが、なんとか細切れの用語辞典的説明を避け、そうしたキーワードのつながりと、そのつながりが社会どういうインパクトを与えるのかという視点で資料を作り、説明させていただきました。

寒い中、というかもしかしたら夜には雪が降るかも、で、家に帰れないかも・・・なんていう天候の中、30名ほどの方々に参加いただきました。中には、中学生の3人組もいて、日本の明るい未来を見たような気持ちになりました!

セミナーの後の懇親会などで、それぞれの技術に関する勉強はしていたけれど、それがどういうつながりがあるのか、その位置づけが理解出来て、頭の中が整理出来た。という感想をいただいたのは、我が意を得たりで、とても嬉しかったです。

まだまだ反省点もありますし、不十分なところもあると思いますが、この資料をさらに改善して、来週土曜日も2回目のセミナーに臨みます。

ご興味のある方は、まだ若干は席もあると思いますので、ご参加いただければ幸いです。

1月30日(追加開催)開催分 https://techgardenschool.doorkeeper.jp/events/36813

DSC_0003-768x432

これは開場前の写真。もちろん、誰も来てもらえなかった・・・というわけではありませんよ!

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします